Record China

ヘッドライン:

<コラム>米朝の舌戦、日本と韓国の反応に温度差

配信日時:2017年8月14日(月) 20時0分
拡大
北朝鮮と米国の舌戦が話題だ。トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長。どちらも常識的尺度では測れない何かがあるという点で一致したところがある。写真は北朝鮮。

北朝鮮と米国の舌戦が話題だ。トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。どちらも常識的尺度では測れない何かがあるという点で一致したところがある。2人の共通点はもう一つあるか。ビッグマウス。とんでもないことをドカンと言い放って相手を縮み上がらせるが、実際の行動は起こさない。

この2人がけんかすることになると、チキンゲームとなってしまう可能性もある。チキンゲームとは、ある交渉において、2人の当事者が共に強硬な態度を取り続ければ悲劇的な結末を迎えてしまうにもかかわらず、プライドが邪魔をして双方共に譲歩できない状況を指す。

金委員長はこれまで自分の叔父さんに当たる張成沢(チャン・ソンテク)氏を死刑に処したり、幹部たちを残虐な方法で処刑したりしているとされるが、そうして実際に行動に移す場合は、決してぺちゃくちゃぺちゃくちゃとしゃべることはない。マルオプシ(無言で)即実行に移す。

トランプ大統領が8月8日、「(北朝鮮は)世界が見たことのないような、炎と怒りに直面する」と語ったのを受けて北朝鮮は即、グアムに中距離弾道ミサイル4発を撃ち込む作戦を検討していると「応戦」した。どうも言葉数が多いようだ。金委員長の言葉数が多いところをみると、はったりだろうと筆者には思える。

こうした情勢の中、筆者は韓国で生活しているわけだが、韓国の市井(しせい)の雰囲気はどうだろうか。今のところ「穏やか」である。水の買いだめとか生活必需品の買いあさりなどに走ったりする人はゼロだ。日本はどうか。日本のメディアはこぞって米朝開戦間近かと危機感をあおる報道をしているように感じられる。

日本と韓国の温度差は顕著だ。日本が戦争をあおる理由は、たぶん戦争をしたくてたまらない人がいるからであろうと筆者は考える。その点、韓国は戦争になったらソウルをはじめ韓国全土が火の海になることは間違いないので戦争だけは避けたいと思っている。最後まで「対話」路線を持続させている一番の理由がこれだ。

ただ、北朝鮮のミサイルは全部ソウルを向いていると言われている。日本ではなくソウルだ。北のミサイルが日本に飛んでいく可能性はゼロだ。グアムに向けて発射したのに「ミス」で日本に降ってくることはあるかもしれないが。意図して日本にミサイルが撃ち込まれることはない。北が日本を攻撃する理由がないからだ。日本のマスコミは面白がってミサイルが日本に飛んでくるようなことも言っているが、まったく寝言にすぎない。

グアムに向けてのミサイル発射があるかどうか。筆者は「ない」と思っているが、もしあればトランプ大統領が即、北朝鮮攻撃のゴーサインを出すだろう。もしそうなったら朝鮮半島は火の海になる。そうならないことを祈っているけれど。8月の末ごろまでには状況がはっきりしてくるだろうと思われる。2人の言葉遊びからチキンゲームにならないことを切に願っている。

■筆者プロフィール:木口 政樹
イザベラ・バードが理想郷と呼んだ山形県・米沢市出身。1988年渡韓し慶州の女性と結婚。三星(サムスン)人力開発院日本語科教授を経て白石大学校教授(2002年〜現在)。趣味はサッカーボールのリフティング、クラシックギター、山歩きなど。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

戦争の危機の中でも“驚くほど無関心”な韓国人に、海外メディアが驚き=「ソウルは戦争に無防備」の指摘も

10日、米国のメディアが「トランプ米大統領の『炎と激怒』発言に対抗して北朝鮮が米領グアムへの弾道ミサイルによる包囲射撃に言及するなど、緊迫した対立状況の中でも韓国国民は落ち着いている」と報道したことが、韓国ネットで話題になっている。写真はソウル。

Record China
2017年8月14日 11時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング