欧州の「毒卵」問題 香港にも波及

配信日時:2017年8月13日(日) 9時0分
欧州の「毒卵」問題 香港にも波及
画像ID  574742
最近、注目を集めている欧州での農薬が残留した「毒卵」問題は拡大を続け、このほどついに香港地区にも波及した。
最近、注目を集めている欧州での農薬が残留した「毒卵」問題は拡大を続け、このほどついに香港地区にも波及した。中国経済網が伝えた。

今月3日、オランダの食品安全部門が147カ所の農場で生産された鶏卵から殺虫剤フィプロニルが検出されたことを明らかにし、問題はドイツ、オランダ、英国、フランス、ベルギー、スウェーデン、スイスなど10カ国に波及しているとした。翌日の4日には、香港食物安全センターがオランダから別々のロットで輸入された卵のサンプル2個を市場で採取して検査したところ、いずれも基準値を超えるフィプロニルが検出された。同センターは輸入業者の大昌行集団に回収を指示し、関連業界に販売を停止し棚から下ろすよう要請した。

フィプロニルはノミ、ダニ、シラミを駆除する効果があり、世界保健機関(WHO)に「人体に対し中程度の毒性がある」とされる化学物質だ。欧州連合(EU)の規定では、人が口にする食品産業チェーンの家畜家禽類に使用してはならないとされる。7月末には、ベルギーとドイツでフィプロニル混入の疑いにより、100万個の卵が販売店の棚から下ろされた。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事