武漢地下鉄、トンネルが長江を通過

配信日時:2017年8月12日(土) 23時50分
画像ID 
中国で直径が最大の地下鉄トンネルである武漢地下鉄8号線トンネルが9日、長江を通過した。掘削を担当したシールドマシン「楚天号」は今回の掘削で、カッタービットを1000本以上も交換した。世界で初めて通常圧力によるシールド掘削・回転刃互換技術を採用した。科技日報が伝えた。

楚天号は全長129メートル、重さ約3000トン。うち回転刃の重さは約370トンで、215本の異なる機能のカッタービットを使用し、地層を掘削した。

武漢地下鉄8号線の川の地下トンネルを走行する距離は全長3186メートルで、掘削直径は4階建てビルに相当する12.5メートル。トンネルの最大深度は59メートル。高水圧による水漏れを避けるため、国内のシールドトンネルとしては初めて2層ライニング技術を採用した。

トンネルは、水を通しやすく、上部が柔らかく下部が硬い1365メートルの複合地層を通過した。うち弱接着礫岩は750メートル、中等接着礫岩は430メートル。岩層の硬度は最高40Mpa以上。この岩石は非常に硬く、通常のハンマーではびくともしない。これをいかに掘削するかが世界的な難題となっている。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<