Record China

ヘッドライン:

スマート物流倉庫、ロボットがピッキングを担当

配信日時:2017年8月10日(木) 6時30分
拡大
アリババ傘下の物流会社・菜鳥網絡の広東省恵州市恵陽区にあるスマート倉庫が、このほど使用開始した。

アリババ傘下の物流会社・菜鳥網絡の広東省恵州市恵陽区にあるスマート倉庫が、このほど使用開始した。

100台以上の「ロボットピッキングマン」が指示に基づき規則正しく稼働し、互いに識別しながら柔軟に衝突を回避している。人の作業員は決まった場所でロボットが運んでくれたパッケージを処理するだけでよく、わざわざパッケージを探すために行き来する必要がなくなった。つまり人がパッケージを探すのではなく、パッケージが人を探すという革新を実現したといえる。情報によると、倉庫内の棚の位置は受注状況に応じて動的に調整される。作業員は近くのロボットを使い、ピッキング効率を3倍以上にまで向上させた。同社と提携先は、国内の多くの倉庫でこのモデルを展開する予定。新華網が伝えた。(編集YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング