Record China

ヘッドライン:

小野寺新防衛相、シンガポール紙「対中国強硬派で、日中関係の動向を注視する必要がある」

配信日時:2017年8月8日(火) 22時0分
拡大
8日、シンガポール華字紙・聯合早報は安倍改造内閣で防衛相に就任した小野寺五典氏について、「対中国強硬派で、日中関係の動向を注視する必要がある」と伝えた。資料写真。

2017年8月8日、シンガポール華字紙・聯合早報は安倍改造内閣で防衛相に就任した小野寺五典氏について、「対中国強硬派で、日中関係の動向を注視する必要がある」と伝えた。

小野寺氏は南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報を陸上自衛隊が保管していた問題の責任を取って辞任した稲田朋美前防衛相の後任として、動揺が広がった自衛隊を「落ち着かせるため」に再任されたとみられる。

これを受け、日中関係の動向も注目される。第2次安倍内閣で防衛相を務めた小野寺氏は安全保障の政策通として安倍首相の信任が厚い。一方で、前回の在任中には高高度防衛ミサイル(THAAD)導入に再三反対するなど、波紋を呼ぶ発言を繰り返してきた。

15年には米ワシントンで南シナ海における中国の行動を非難。中国に対しては強硬派とみられている。今後は日米同盟を強化するとみられ、日中関係への影響が注目される。(翻訳・編集/大宮)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

あの河野談話の河野さん?河野太郎氏の外相起用に韓国から期待の視線=ネットには慎重意見も「父親が立派なら息子も立派とは限らない」

3日、第3次安倍晋三内閣で3度目となる内閣改造で河野太郎前行政改革担当相が外相に起用されたことに関連し、韓国外交部は就任を祝うと共に両国の協力関係構築に期待を示した。資料写真。

Record China
2017年8月3日 18時50分
続きを読む

日韓関係はなぜコロコロ変わるのか―華字紙

25日、韓国でこのほど文在寅政権が誕生したが、華字メディア・日本新華僑報は、日韓関係はなぜ韓国の政権交代のたびにコロコロと状況が一変するのか分析する記事を掲載した。資料写真。

Record China
2017年5月27日 7時30分
続きを読む

ランキング