Record China

ヘッドライン:

TWICEが日本で快挙!中国のK-POPファンから「誇らしい」と歓声

配信日時:2018年10月10日(水) 21時50分
拡大
10日、韓国のアイドルグループ・TWICEのアルバム「BDZ」が日本レコード協会の「プラチナ認定」を受けたとのニュースに、中国のK-POPファンが歓声を上げている。資料写真。

2018年10月10日、韓国のアイドルグループ・TWICEのアルバム「BDZ」(9月12日発売)が日本レコード協会の「プラチナ認定」を受けたとのニュースに、中国のK-POPファンが歓声を上げている。

協会サイトによると、「プラチナ」は発売日からの累計正味出荷枚数が25万枚をクリアした場合に認定される。自メディア(新興メディア)の韓国me2dayは「TWICEのプラチナ獲得は『♯TWICE』『One More Time』『Candy Pop』に続くもので、『Wake Me Up』に至ってはダブル・プラチナ(最低累計正味出荷枚数50万枚)認定を受けている」と紹介。同メディアはさらに、「日本でプラチナ5枚を達成したTWICE。非凡な実力と驚異の人気が示された」とその快挙をたたえた。

この記事に中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せており、「サナ」「ナヨン」などメンバーの名前を書き込んで応援するファンや、「おめでとう!」「本当に大人気なんだね」「すごいと言うしかない」「TWICEと聞くと誇らしい気分になる」などと書き込む人も見られた。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

実は「相思相愛」だった?日本で韓流ブーム、韓国で日流ブーム

12日、日本では昨年から10代の若い女性を中心に「韓流ブーム」の再来が感じられる。一方、韓国でも訪日観光客が増加したことで「日流ブーム」が巻き起こっている。歴史問題などでの対立をよそに、日韓両国の民間交流は盛り上がりを見せているようだ。資料写真。

Record China
2018年4月13日 10時20分
続きを読む

ランキング