Record China

ヘッドライン:

台湾の少年野球チームが宮崎・都城で試合=関係者から「交流促進」「学ぶべきことある」の声

配信日時:2017年8月6日(日) 11時20分
拡大
台湾・新竹県の小学校・中学校の野球チームが日本の宮崎県都城市を訪れて交流試合を行った。日本側から子どもの国際交流に期待する声、台湾側からは日本に学んでスポーツ関連のレベル向上を目指す考えが出た。資料写真。

台湾の新竹県政府は4日、同県の小学生と中学生の野球チームが日本の宮崎県都城市を訪れて交流試合を行い、県長(県知事)も現地入りして観戦したと発表した。日本側からは双方が切磋琢磨して野球技術を向上させることや子どもの国際交流に期待する声、台湾側からは日本に学んでスポーツなどのレベル向上を目指す考えが示されているという。

新竹県からは小学生チーム15人、中学生チーム20人が訪日した。新竹県の邱鏡淳県長が到着するまでに、小学生チームは2勝1引き分け、中学生チームは1勝1引き分けの戦績を上げた。

邱県長が観戦した4日の小学生チームの対戦では、4ー2で日本チームが勝利したという。新竹県と宮崎県の少年野球交流は7年間続いており、夏休みの際には新竹県側が宮崎県を、冬休みには宮崎県側が新竹県を訪れ、5、6試合の交流を行っている。

双方は今年2月、「行政関係者による相互訪問」「文化芸術・観光・産業・教育・スポーツなどの交流」「経済・文化芸術など民間団体間の交流促進」を内容とする交流協定も締結していた。

都城市スポーツ少年団本部長を務める星原透宮崎県議会議長は今回の交流を受け、双方が切磋琢磨して野球技術を交流させることや子どもの国際交流のレベル向上などの面で、共に頑張ってほしいとの期待を述べた。

新竹県側は、都城運動公園が屋外のサッカー場や野球場を備え屋内にもさまざまな運動施設を備えていることにも注目。邱県長は、随行員に詳細なメモを取らせ、新竹県の今後のスポーツ施設の発展のために役立てるよう指示した。

新竹県は科学技術や文化などの分野で、台湾でも評価されている地域だ。都城市における文化やスポーツ、教育のあり方は同県にとって学ぶ価値があるとして、交流を通じてさらに友好協力関係を促進したいと希望しているという。(翻訳・編集/如月隼人

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

やっぱり台湾人は日本が大好き!旅行サイトの「世界の人気スポット」6つ中5つが日本、「好きな国・行きたい国」でもダントツ

台湾の大手旅行情報サイト「MOOK景点家」がこのほど、「仙郷感爆発!日本の十大雲海の宿名称」と題する記事を掲載した。台湾では日本旅行の人気が極めて高く、旅行情報サイトは「日本情報満載」の状態が続いている。写真は東京駅と大江戸温泉物語。

Record China
2017年6月14日 15時10分
続きを読む

台南市長が福原愛の結婚で日台の交流がまた増えたと発言、中国ネットは猛反発=「愛ちゃんは中国東北人だ」「福原愛を政治に巻き込まないでくれ」

19日、訪日した台南市長が東京都内で会見を行い、日台は生命共同体だと発言したことについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は頼清徳台南市長。

Record China
2017年1月19日 17時50分
続きを読む

<インタビュー・台湾政権交代(1/6)>「一つの中国」「92年合意」を認めなければ経済に悪影響=江丙坤・中国信託金融ホールディングス最高顧問

台湾では、馬英九・国民党政権から蔡英文民進党政権に交代する。江丙坤・中国信託金融ホールディングス最高顧問兼東京スター銀行会長は「中国側は蔡英文氏に対して『一つの中国』や『92年合意』を認めるよう求め、台湾経済や観光業に影響を与える」と述べた。

Record China
2016年5月16日 8時10分
続きを読む

日本の元議員が台湾の被災地で救助隊にカレーライス振る舞う=台湾ネット「感動した!」「日本人こそが台湾人の同胞」

7日、元練馬区議会議員で台湾でラーメン店を経営している野崎孝男さんが、被災地を2日連続で訪れ、現場の救助隊員らにカレーライスを振る舞った。この報道に、台湾人がコメントを寄せている。写真は被災地。

Record China
2016年2月8日 21時50分
続きを読む

ランキング