Record China

ヘッドライン:

中国を超える!?日本が世界一のスパコンを開発へ―中国メディア

配信日時:2017年8月6日(日) 5時30分
拡大
5日、中国メディアの猟雲網が、日本が世界一のスーパーコンピューターを開発していると伝えた。資料写真。

2017年8月5日、中国メディアの猟雲網が、日本が速度世界一のスーパーコンピューターを開発していると伝えた。

記事によると、日本が開発中のスパコンは「ABCI」(AI Bridging Cloud Infrastructure)と呼ばれており、2018年4月の完成を目指している。完成すれば、その性能は現在世界一の速度を誇る中国のスパコン「神威太湖之光」を超える130ペタフロップスになるという。

記事は、スーパーコンピューターとは何かについて説明。マウスもモニターもないが個人のパソコンと基本的には変わらず、ただ体積が大きく演算速度が速いのが特徴だと解説した。産業技術総合研究所の関口智嗣氏によると、現在のスパコンは個人のパソコンのおよそ100万倍の速度で、普通のパソコンだと3000年かかる計算をスパコンでは1日で計算できるという。また、現在開発中のスパコンの大きさは1000平方メートルほどの大きさになるという。

ABCIの用途について関口氏は、日本企業による自動運転技術の開発やロボット、医療分野に応用できると紹介。人工知能技術の開発においても大いに役立つという。また、あまり知られていないものの、過去には紙おむつの開発にもスパコンによるシミュレーションが用いられていると紹介した。

今回、日本が世界一となるスパコンの開発をしていることについて関口氏は、「これは競争ではない」と指摘。以前は速度競争の側面があったものの、今ではスパコンをどのように使用するかに多くの人の関心が向いているという。そのため「スパコンが世界一速いかどうかは重要ではなく、大切なのは応用する環境をつくりだせるか否かだ」と述べている。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

スパコンランキング、中国が1・2位独占=日本勢は東大・筑波大の7位が最高―中国メディア

19日、スーパーコンピューターの計算速度の世界番付「TOP500」がドイツの国際会議で発表され、中国の無錫スパコンセンター「神威太湖之光」がトップ、2位も中国・広州の「天河2号」となり、中国勢が上位を独占した。写真は神威太湖之光。

Record China
2017年6月19日 23時35分
続きを読む

中国製スパコン「天河3号」、1時間で13億人の1万年の作業量、年内に重要技術の進展を実現へ―中国メディア

中国国家スパコン天津センター長補佐の孟祥飛氏は15日、中国100京級スパコン「天河3号」の研究は順調に進んでおり、年内に検証システム高性能チップ、ネットワークなどの重要技術の進展を実現する予定だと明かした。写真は「天河1号」。

人民網日本語版
2017年2月19日 7時30分
続きを読む

中国は世界一のスパコン強国、速度は日本の9倍=でも中国ネットは「そんなにすごいのに、なんで俺のパソコンの中はインテルなんだ?」

15日、中国メディアの新華網が、中国は世界一のスーパーコンピューター強国だと伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は神威。

Record China
2017年2月16日 6時20分
続きを読む

ランキング