中国本土出身学生の9割以上が就職を希望、叶うのは18%足らず―香港

配信日時:2008年5月7日(水) 10時15分
中国本土出身学生の9割以上が就職を希望、叶うのは18%足らず―香港
画像ID  127232
5日、香港の大学で学ぶ中国本土出身学生の90%以上が香港での就職を希望しているが、実現できる学生は18%に満たないことが分かった。写真は香港大学の北京での面接。
2008年5月5日、ある調査では香港が中国本土出身者の大学入学を受け入れるようになって以来、本土出身学生の90%以上が香港での就職を希望しているが、実現できる学生は18%に満たないことが分かった。「環球」誌が伝えた。

その他の写真

中国本土では香港の大学に進学するのが大人気。省でトップの成績の受験生が大陸の名門校、清華大学や北京大学をけって香港の大学へ進学するというニュースが後を絶たない。彼らの多くは香港で事業を起こす夢を抱いてやってくるが、卒業後も香港に残れるのは18%にも満たないという。在学中に大組織から見込まれた一部の学生以外は就職活動が非常に困難で、最終的には本土に戻ることになってしまうのだ。

香港を支える119の企業を対象に行った調査によると、46%の企業が本土出身の新卒者を雇用したことがない。その原因として、8割以上の企業が労働ビザの手続きの流れが分からないことをあげている。以前本土出身の学生を採用したことがある雇用者も56%が手続きが面倒だと考えているという。

関係者によると、現行の政策では、労働ビザの手続きには2〜4か月かかる。だが、卒業後合法的に香港に滞在できるのは3か月間。仕事が見つけられなければ大陸に戻る以外にないという。(翻訳・編集/YY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事