Record China

ヘッドライン:

マージャンが2022年北京冬季五輪の室内競技に?!―中国メディア

配信日時:2017年8月2日(水) 22時50分
拡大
2日、澎湃新聞によると、国際マインドスポーツ協会の認定種目となった中国発祥のマージャンが2022年の北京冬季五輪に狙いを定めている。資料写真。

2017年8月2日、澎湃新聞によると、国際マインドスポーツ協会(IMSA)の認定種目となった中国発祥のマージャンが2022年の北京冬季五輪に狙いを定めている。

IMSAは今年4月、マージャンをブリッジやチェス、囲碁などに続く6番目の認定種目とすることを宣言した。IMSA主席を務める中国の陳沢蘭(チェン・ザーラン)氏は最近受けた取材の中で「マージャンをはじめとするマインドスポーツをもっと高いステージに押し上げたい」との考えを表明、冬季五輪の室内競技認定を目指して国際オリンピック委員会(IOC)に申請を出したことや、北京の関係機関と話し合いを進めていることを明らかにした。

陳氏はまた、「冬季五輪は競技の特性から熱帯にある国々が参加できない状況。IOCはかねてより冬季五輪の網羅性を考えてきた」とも語っている。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国・平昌五輪は大丈夫なのか?不安な世論調査結果が明らかに=ネットにも後ろ向きなコメント多数

31日、開幕まで200日を切った韓国の平昌冬季五輪に関し韓国国民を対象に行われた意識調査の結果を受け、韓国・国民日報は、「文在寅政権がスタートしても、平昌五輪への国民世論は依然として冷ややかだ」と報じた。写真は平昌五輪の会場となる龍平リゾート。

Record China
2017年8月2日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング