Record China

ヘッドライン:

裁判傍聴により中学生を教育―北京市

配信日時:2006年8月11日(金) 3時30分
拡大
少年3人に判決が下される裁判を、中学生30人が傍聴した。
(1/7枚)

2006年8月9日、北京市の崇文(ツンウン)裁判所で、30名の中学生が傍聴するなか判決が下された。この半月ほど前、インターネットカフェにはまって通い続けていた少年3人のお金がなくなり、付近の学校に通う生徒を殴って金を奪ったり、窃盗行為を繰り返したために告訴された。裁判所はこの刑事事件の判決に、自己の管理意識の向上と教育を目的として、中学生30人を同席させることにした。30人の生徒たちは、自分たちと同年代の少年が犯した罪への判決を、神妙な面持ちで聞いていた。判決後には警察官による「暴力対抗指導」を受け、暴力を受けた際の対処法を学んだり自分たちの意見を述べたりした。裁判所による青少年教育目的は達成できたようだ。



その他の写真

ランキング