鄒市明、日本の木村翔に敗れる ベルトを失い悔し涙に暮れる元王者

配信日時:2017年8月1日(火) 11時10分
画像ID 
中国のプロボクシング選手で世界ボクシング機構(WBO)フライ級チャンピオン、鄒市明の同王座の初防衛戦が28日夜、上海東方スポーツセンターで行われた。試合全体を優勢に進めてきた鄒市明だったが、体力の問題で11ラウンドで、ついに日本からの挑戦者・木村翔にTKO(テクニカル・ノックアウト)で敗れた。チャンピオンベルトを失った36歳のベテラン鄒市明は試合会場で涙に暮れ、自分は試合が終わる最後の瞬間まで諦めずに戦ったと述べた。中国新聞社が伝えた。

昨年11月6日、鄒市明は米ラスベガスで、12ラウンドに及ぶ苦闘の末、タイのワンピチット・ワンソンチャイジム選手を打ち破り、WBOフライ級チャンピオンの座に輝いた。

28日夜、鄒市明のタイトルマッチは12回戦で行われた。試合開始後、鄒市明は積極的に攻撃を仕掛けたが、木村翔も決して気後れすることなく、互いに激しいパンチの応酬を繰り広げ、コーナーに追い込もうとした。熾烈な打ち合いが何度も続き、鄒市明は大乱闘の中で木村の顔面にストレートパンチを放ったが、木村はすぐに体制を立て直し応戦した。

第6ラウンドまで進んだ時、鄒の鋭いパンチを連続してくらった木村は、右目上から出血した。審判がやむなく試合を中断、木村は短時間で傷の手当をした。試合が再開すると、鄒は引き続き、豊富な経験と巧みな戦術を頼りに試合を有利に進めた。

終盤に大きな転機が訪れた。第10ラウンドに入ると、鄒に疲れの色が見られ、明らかに体力が低下し、それまでの機敏な守りにも隙が出始めた。このチャンスを逃さなかった木村は、連続パンチを繰り出した。

第11ラウンド終了まで残り2分28秒の時点で、鄒は木村の連続パンチに対抗する力が全くなくなり、審判に試合放棄の意思を示した。木村翔が鄒市明を破り、WBOフライ級チャンピオンの座を奪い取った。

試合後、36歳のベテラン鄒市明は、会場で悔し涙に暮れた。彼は、「これほど疲れた試合は、ボクシング選手になって初めてのことだ。私は試合が終わる最後の1秒まで諦めずに戦いぬいた。皆さんが、中国ボクシングに関心を持ち続けてくれるよう期待している。本来は、家で金メダルやチャンピオンベルトの個数を数えて暮らすような年齢になっていたが、それでも今回、防衛戦を受けて立つことを選んだ」とコメントした。

鄒市明は、「私は、自分の弱い一面を皆さんに見せたくない。来賓者や観衆の皆さんに感謝の意を伝えたい。私は今回の試合で敗れてしまったが、多くの人々がボクシングに関心を持つきっかけを作ることができた。今後は、他の業界に転じる計画だが、今日のような強さを持ち続けていきたい。私は永遠に『強者』であり続けたい」と続けた。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<