Record China

ヘッドライン:

韓国で「遊びに行かず、外食もしない人」が増加、韓国ネットでは意外な声も

配信日時:2017年8月1日(火) 0時40分
拡大
29日、韓国・聯合ニュースによると、韓国では、家計の懐具合が寂しくなり、遊びに行かず、外食もしない人が増加しており、宿泊・飲食業界の不振が長引いている。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

2017年7月29日、韓国・聯合ニュースによると、韓国では、家計の懐具合が寂しくなり、遊びに行かず、外食もしない人が増加しており、宿泊・飲食業界の不振が長引いている。

韓国統計庁によると、先月の「宿泊業又は飲食サービス業(サービス業)」生産が1年前に比べ4.0%減少し、売上高が継続して後退している。

サービス業生産は、前年同月比の伸び率基準で、昨年9月(マイナス1.6%)から10カ月連続でマイナスを記録。2000年に関連統計を取り始めて以来、サービス業生産がこれほど長期間連続して減少したことはなかった。

サービス業は、2000年代初頭には5〜11%の成長を遂げており、2000年代後半にもプラス成長の年の方が多かった。しかし、15年6月〜16年1月までの8カ月連続でマイナス成長を記録し、その後、増減を繰り返し、昨年下半期からは継続して下落を続けている。

統計庁の関係者は、「景気の影響が大きい」とし、「飲食業生産の場合、外食よりも自宅でご飯を作って食べる文化が発達し、(飲食業生産を)減少させたことも理由」と説明している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは2600を超えるコメントが寄せられているが、外出しない理由として、意外にも経済的問題より、サービスの質を問題視する意見が多かった。コメント欄には、「大したこともない味なのに、高い料金を付けている食堂が多い」「ある海水浴場近くのホテルは、普通1泊16万ウォン(約1万6000円)なのに、繁忙期には33万ウォン(約3万3000円)になる。ひどすぎる」など、サービス業側への厳しい意見が並んだ。

また、「家で食べたほうが、安く済むから」「外出したら、ガソリン代、高速道路代、電車代、何かと金がかかる」など、やはり経済的理由を挙げるユーザーもいた。(翻訳・編集/三田)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<動画>日本が「低欲望社会」に、東京で現状を取材してみた!

日本の著名な経営コンサルタント大前研一氏の著作「低欲望社会」が最近大きな話題を呼んでいる。タイトルの横に「大志なき時代」と書かれた同書で、大前氏は、「日本の若者は欲望、夢、やる気がなく、日本は『低欲望社会』に陥った」と嘆いている。

人民網日本語版
2017年7月14日 22時20分
続きを読む

伝統が消え去った韓国文化の一番地に、外国人観光客は「だまされた」とがっかり=韓国ネット「これは回復不可能」「恥ずかしい」

7日、韓国・朝鮮日報は、かつて韓国の伝統工芸品や骨董品を売る店が並び、韓国らしさを味わえる場所として外国人にも人気だったソウルの名所・仁寺洞から、「伝統」が消えつつあると伝えた。写真は仁寺洞。

Record China
2017年7月13日 7時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング