また「日本海」が「東海」に、韓国人学生の抗議メールを受け変更=韓国ネット「政府より立派だ」「韓国海にするべき」

配信日時:2017年7月26日(水) 22時0分
また「日本海」が「東海」に、韓国人学生の抗議メールを受け変更
画像ID  572632
25日、韓国メディアによると、韓国の対外広報を行うNGO団体「VANK」は、独島広報大使のホン・ヒョジンさんがグーグルのAndroidアプリの「日本海」の単独表記を、韓国が主張する呼称「東海」の単独表記に変更させたと明らかにした。資料写真。
2017年7月25日、韓国・ハンギョレによると、インターネットを通して韓国の対外広報を行うNGO団体「VANK(バンク)」は同日、独島(日本名:竹島)広報大使のホン・ヒョジンさんがグーグルのAndroidアプリ「オフラインワールドマップHD」の「日本海」(Sea of Japan)の単独表記を、韓国が主張する呼称「東海」(East Sea)の単独表記に変更させたと明らかにした。

VANKによると、建国大学に通うホンさんは先月、VANKと慶尚北道が主導する「第10期グローバル独島広報大使」に選ばれ、1カ月にわたって全世界の教科書や百科事典、スマートフォンのアプリから韓国の領土に関する“歪曲(わいきょく)資料”を見つけ出し、訂正を依頼する活動を行った。

活動中、ホンさんは「オフラインワールドマップHD」の開発会社であるアップスコテージに「日本海の単独表記は日本帝国主義の残滓(ざんし)」と伝え、東海の単独表記の正当性を知らせる内容をメールで送信した。これに対し、同社は「アプリに対する評価に非常に感謝している。指摘された内容を熟考し、アプリの地図をアップデートすることにした」との返信を送り、その数日後に東海の単独表記に変更したという。

「オフラインワールドマップHD」は3D地図だけでなく、衛星やリアルタイム経路検索、世界の首都・通貨・言語・人口数などの基本的な国家情報を提供するアプリである。

韓国のネット上では今年3月にも、釜山の女子高校生が英国のメディアサイト「ザ・スタック・ドットコム」に掲載されている地図の日本海の単独表記を東海の単独表記に変更させたことが話題になっていた。

この報道を見た韓国のネットユーザーからは「国と国民のために素晴らしいことをしてくれた」「真の愛国者。政府より立派だ」「ありがとう。韓国の国会議員になってほしい」などホンさんへの感謝や称賛のコメントが相次いでいる。

一方で「韓国海(Sea of Korea)にするべき。海に囲まれている国なのに韓国海の表記がないのはおかしい」「就職に有利になると考えたのだろう」「韓国がいくら騒いでも国際社会は結局、日本海と表記する。100年以上そうであったように」などと指摘する声もみられた。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • grp***** | (2017/07/27 20:07)

    この記事を配信するTwitter垢のコメントが、 >【配信・堂】 >韓国人学生の地道な努力で「日本海」が「東海」に変わりました。 ↑なんだが、何だこりゃ? こういうのは、「地道な努力」ではなく、捏造なの!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/07/27 18:46)

    >>「日本海の単独表記は日本帝国主義の残滓(ざんし)」 歪曲って言うなら、その考え方が歪曲なんだがなあ・・・ 日本海(Japan sea,Sea of japan,etc)ってのは、そもそも欧米各国が名付けた名称だ。明治維新前後、国際化社会に呑まれていく中で日本政府が正式に採用したに過ぎない。 そしてこの呼称は、日本列島に切り取られた太平洋の一部を、切り取った土地(つまり日本列島)に因んで付けたに過ぎないものだ。歴史的にも地理的にも、日本海が正当性を持っている。それに何より、日本の各地域から見れば、日本海は「西海」または「北海」となってしまう。 ゴネて名前を変えさせたら勝ち。朝鮮半島を「主役」にしたいのだろうが、これではあまりに幼稚だろう。 「朝鮮海」というならまだ説得力もいくらかは有るが、何れにしろ、日本列島が無ければ、あの海域は太平洋の一部に過ぎないのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2017/07/27 13:42)

    リベラル派の中にはこの問題を妥協してもよいと考えている人がいるだろう。しかしこの問題を妥協してはならない。なぜなら、この問題は、歴史の問題ではなく、現在起きつつある韓国の帝国主義の野望の表れだからだ。歴史の中で参照されるべきは、第二次世界大戦前の1938年のイギリス・チェンバレン首相が、当事国のチェコに断りなく、ナチスドイツ・ヒトラーが要求していたチェコ・ズテーテン地方の割譲を認めてしまった、いわゆる対独宥政策である。これによってドイツの領土的拡張の野望は際限が無くなり、翌年の第二次世界大戦勃発を不可避にしたのである。日本では第二次世界大戦の前のドイツでは全体主義・軍国主義が荒れ狂っていたと誤解している人が多いが、人々の多数は平和を心底希求し、ヒトラーも平和を実現すると主張して大衆の支持を得ていたのである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<