Record China

ヘッドライン:

<サッカー>試合後にグラウンドのペットボトルを片付けたU−18 FC東京の選手たち、見向きもしなかった中国代表選手とコーチ―中国メディア

配信日時:2017年7月25日(火) 21時50分
拡大
25日、中国のポータルサイト・今日頭条に、先日行われたU−18FC東京とU−19中国代表の試合での一コマを紹介する記事が掲載され、ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

2017年7月25日、中国のポータルサイト・今日頭条に、先日行われたU−18(18歳以下)FC東京とU−19中国代表の試合での一コマを紹介する記事が掲載され、ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

記事を発信したのは、サッカー情報などを伝える「自メディア」と呼ばれる小規模メディア。青島で行われたWeifang Cup 2017に参加したU−18FC東京は、24日にU−19中国代表と対戦。前半を1−1で折り返すと、後半にFC東京が勝ち越し、2−1で勝利した。

記事が注目しているのは、試合終了間際にU−18FC東京の選手がとったある行動だ。「日本の選手は試合が終わろうとする時、中国の選手が恥じるようなことをした」とし、「主審が試合終了を告げるホイッスルを鳴らすのに合わせて、日本の控えの選手たちが自主的にグラウンド脇に落ちていたペットボトルを拾って片付けた」と紹介した。

一方、対戦相手の中国代表については「選手もコーチも、誰ひとりとして足元のペットボトルに見向きもしなかった」と指摘。「これはほんの些細なことだが、我々が学ぶに値すること。サッカーの技術だけでなく、素養の面でも日本チームを追い抜かないといけない。サッカーの試合は奮闘する精神、団結する精神だけでなく、一国の素養も体現される場だ」と論じている。

ネットユーザーからは、日本選手の素養や日本の教育に対する称賛の声や、日本と中国の差を嘆く声が寄せられた。一方で、在日中国人だというユーザーは「自分たちは日本でサッカーをする時に同じようにごみを片付けている」とし、これは習慣の問題であって中国人にもじきに備わることだと主張している。

サッカー以外の選手らの行動をめぐっては、先日、陝西省で行われたシルクロード・華山杯に参加したU−15日本代表のロッカールームの清潔さにも、中国で称賛の声があがっている。(翻訳・編集/北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「こんな光景は初めて!」サッカーU−20日本代表のロッカールームに韓国人スタッフが感動=「日本の国民性は世界一」「彼らにとっては自然な行動」

30日、韓国メディアによると、サッカーのU−20ワールドカップの1次リーグ第3戦(日本対イタリア)の試合が終わった後の韓国・天安総合運動場のロッカールームの光景が「信じられない」と話題になっている。資料写真。

Record China
2017年5月30日 12時30分
続きを読む

<サッカー>日中対決であわや乱闘、「日本メディアが中国側に罪を着せようとした」と中国メディア、日本のネットユーザーは冷静

捜狐体育は24日、サッカーのACL広州恒大−鹿島アントラーズ戦についての日本メディアの報道に、日本のネットユーザーからも批判が寄せられていると報じた。写真は広州恒大のホームスタジアム。

Record China
2017年5月25日 11時50分
続きを読む

ランキング