夏休み海外旅行の人気1位は今年もタイ 日本2位

配信日時:2017年7月21日(金) 22時40分
画像ID 
2017年の夏休み海外旅行で一番人気があるのはどこか。新しい人気目的地はどこか。

旅行予約サイト・携程旅遊がこのほど発表した「2017年夏季海外旅行ランキング」をみると、今年の中国人観光客の夏季海外旅行の傾向が変化しており、多くの伝統的人気目的地が新興の目的地に取って代わられていることがわかる。また今夏は3千万人が海外に出かけ、過去最高を更新することが予想される。

同ランキングによると、今年の夏季海外旅行で最も人気の目的地は上から順に、タイ、日本、シンガポール、米国、香港地区、インドネシア、ベトナム、マレーシア、ロシア、フィリピン、モルジブ、イタリア、台湾地区、英国、ドイツ、カンボジア、オーストラリア、アラブ首長国連合(UAE)、フランス、澳門(マカオ)地区となっている。

携程旅遊事業部の施聿端・最高マーケティング責任者(CMO)の説明では、「昨年に比べ、今年の夏季海外旅行の目的地では、タイ、日本、シンガポールがトップ3に並び、昨年2位の韓国は上位50位に入れなかった。多くの島を擁するタイが『人気の王様』で、昨年に続いて一番人気の目的地になった。タイに行けばグルメやスローライフを楽しめる。マレーシアのサバ州、ベトナムのニャチャン、インドネシアのバリ島、フィリピンのボラカイ島やボホール島などに大勢の中国人観光客が押し寄せるとみられ、島々でのリゾートやレジャー、シュノーケリングやダイビングなどのプログラムが中国人観光客の間でますます人気を集めている」という。

中国人観光客が韓国に行かなくなると、元々人気のあった日本が代わりの目的地になり、特に日本政府がマルチビザ(数次査証)の発行に際して所得水準や訪日経験などの要件を緩和したことから、中国人観光客の日本旅行熱が大いにかき立てられ、日本は2番目に人気の目的地になった。日本政府観光局(JNTO)が発表したデータによると、昨年夏に中国人の訪日観光は過去最高を更新して、7〜8月に140万人以上が日本を訪れたという。携程旅遊は、今年の夏の訪日観光客は150万人に達すると予想する。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<