Record China

ヘッドライン:

「やっぱり日本版は最高!」中国のファンが喜びの声、映画「続・深夜食堂」の上映始まる―中国

配信日時:2017年7月19日(水) 11時10分
拡大
18日、公開初日を迎えた小林薫主演の映画「続・深夜食堂」について、中国のファンから「やっぱり日本版は最高だ」「ホッとした」などと喜びの声が上がっている。
(1/6枚)

2017年7月18日、公開初日を迎えた小林薫主演の映画「続・深夜食堂」について、中国のファンから「やっぱり日本版は最高だ」「ホッとした」などと喜びの声が上がっている。新浪が伝えた。

その他の写真

安倍夜郎氏の漫画が原作で、ドラマや劇場版で親しまれている「深夜食堂」は、中国でも絶大な人気を獲得している。先月の第20回上海国際映画祭でも大好評だった劇場版の第2弾「続・深夜食堂」が、18日に中国で封切りを迎えた。

中国ではこのほど、中国版ドラマ「深夜食堂」がテレビ放送されたが、その内容はファンをがっかりさせるものだった。若すぎるマスター、日本風の食堂で中華料理が出る違和感、スポンサー企業の広告だらけの画面に、不評の嵐が吹き荒れた。それだけに初日に足を運んだファンの間からは、「やっぱり日本版は最高だ」「ホッとした」「マスター役は小林薫さんのもの」「期待を裏切らない作品」などと絶賛の声が上がっている。

「深夜食堂」は、深夜にしか営業しない食堂を舞台に、通ってくる訳ありの客たちの人間模様、客と寡黙なマスターの交流を描くヒューマンドラマ。「続・深夜食堂」も劇場版第1弾と同じく三つのストーリーで構成されており、中国メディアもこぞって「本当に心温まる映画」「見ると人に優しくなれる」などと紹介している。映画情報サイト・豆瓣(douban)のユーザー評価では現在、10点満点のうち8.1点を獲得している。(翻訳・編集/Mathilda

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本に「3度目の韓流ブーム」が到来、嫌韓・反日を乗り越えられるか?=韓国ネット「日本の若者は嫌韓ではないと思う」「歴史問題で大勢は変わる」

17日、韓国・イーデイリーは、日本で10代の女性を中心に韓流ブームが起こる一方、韓国でも日本製品や日本旅行が人気になるなど、日韓両国の文化交流が全盛期を迎えていると報じた。写真は韓流グッズなどを扱う韓国の店。

Record China
2017年7月19日 7時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング