Record China

ヘッドライン:

高くてまずいと不評の中国高速鉄道の駅弁、外部の弁当購入が可能に―中国メディア

配信日時:2017年7月18日(火) 19時20分
拡大
18日、中国メディアの観察者網が、中国高速鉄道で外部の弁当購入が今月17日から可能になったと伝える記事を掲載した。写真は南京の高速鉄道駅。

2017年7月18日、中国メディアの観察者網が、中国高速鉄道でインターネットを利用した外部の弁当購入が今月17日から可能になったと伝える記事を掲載した。

中国鉄道チケット予約サイト「12306.cn」や、アプリ「1230APP」を通して、食堂車での食事や高速鉄道の提供する弁当をあらかじめ注文できるようになるほか、27の指定駅では外部の飲食企業の商品も注文することもできるという。

記事は、指定駅の一つである山東省済南西駅を例にして、注文から受け取りまでの方法を紹介。済南西駅では、中華料理ファストフード店の速必得やケンタッキーフライドチキンなど5社が飲食品を提供することができる。乗客は、列車が指定駅に到着する少なくとも2時間前までに注文すればよいという。

注文後、飲食品提供企業は列車到着の15分前までには注文の品を駅の配送センターに届け、駅の配送員がまとめて列車に配送する。その後、列車内の配送員によって、それぞれの注文者の座席に届けられるという仕組みだ。

もしも列車が遅れた場合、30分以上の遅れになると駅の配送センターがシステムを通して客の注文をキャンセルして返金する。遅れが30分以内の場合、配送センターは飲食品提供企業へ遅延を通知し、企業から乗客へキャンセルするか否かの確認を取るという。客がキャンセルを選択した場合、代金はすぐに返金される。キャンセルしない場合は、遅延の状況に応じて配送時間を調整し、乗客のもとに商品が届けられるようにするという。

記事は、これまで高速鉄道の弁当は「閉鎖的」で、高速鉄道が提供する弁当しか選択の余地がなかったが、中国鉄路公司が外部の飲食企業の参入を認めたことで、乗客の異なるニーズを満たすことができ、鉄路公司側の飲食サービス面での改善に対する誠意が伝わってくると結んだ。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

なぜ日本の弁当は中国の弁当よりおいしいのか?「日本は何事も心を込めて作るが、中国は…」「中国のは弁当とは呼べない」―中国ネット

1日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の弁当が中国の弁当よりおいしい理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は日本の駅弁。

Record China
2016年12月2日 15時0分
続きを読む

なぜ中国高速鉄道の弁当はまずいのか?日本メディア分析に「日本メディアの言うことは正しい」「これが日本のスパイから得た情報?」―中国ネット

1日、中国紙・参考消息は中国高速鉄道の弁当がまずい理由について日本メディアによる分析を紹介した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国高速鉄道の車内。

Record China
2016年8月3日 0時30分
続きを読む

中国の駅弁を外国と比較してみた=「中国の駅弁を見ると吐き気がする」「日本企業が中国の駅弁事業を請け負ってほしい」―中国ネット

2日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国と世界各国の列車内の食事を比較した記事を紹介した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国高速鉄道の駅弁。

Record China
2016年7月6日 0時10分
続きを読む

ランキング