<動画>福州の公衆トイレ、トイレットペーパーの無駄を減らすための新設備導入 

配信日時:2017年7月16日(日) 22時0分
画像ID 



中国の公衆トイレでは、トイレットペーパーが盗まれることは日常茶飯事。多くの人が、トイレに入った時に、トイレットペーパーがない状況を経験している。

この事態を解決するため、福建省福州市のある公衆トイレには、人間を識別して紙を提供する新設備が導入された。上部には顔認証システム、下部にはトイレットペーパーの取り出し口がある。3秒間顔をセンサーに近づけると、70センチメートルのトイレットペーパーが出てくる仕組みになっている。

同じ人は9分待たないと、再度トイレットペーパーを取ることができない。公衆トイレの清掃員によると、「新設備導入後は、トイレットペーパーの使用量が少なくとも半分以下にまで減った」という。(提供/人民網日本語版・編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<