Record China

ヘッドライン:

日本で入国拒否されたらどうしたらいい?中国大使館が注意喚起―中国メディア

配信日時:2018年11月20日(火) 18時40分
拡大
20日、中国新聞網によると、駐日中国大使館は、日本に入国する際に拒否された場合の注意事項を公式サイトに掲載した。

2018年11月20日、中国新聞網によると、駐日中国大使館は、日本に入国する際に拒否された場合の注意事項を公式サイトに掲載した。

その概要は、「まずは冷静な態度を保ち、出入国カウンターの係官を尊重する。係官に対し、自分の職業、日本へ来た理由、滞在日程、滞在先や友人の電話番号を伝える。入国を拒否された原因を理解する。必要であれば通訳してもらう。やり取りがうまくいかなければ、日本側の決定を受け入れる。もし不当な扱いを受けた場合、きちんと証拠を残しておく。カウンターや係員の番号や名前を書きとめておく」といったもの。

大使館は「滞在に必要なパスポートの残存期間などは自分できちんと確認しておくこと。必要であれば弁護士の紹介もできる」と呼び掛けている。(編集・翻訳/大宮)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング