2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

もう韓流はいらない!?アイドルグループ不毛の地だった中国、SNH48やTFBOYSの登場で状況一変―中国

配信日時:2017年7月13日(木) 11時20分
もう韓流はいらない!?アイドル不毛の地だった中国の状況一変
画像ID  570839
12日、これまでアイドルグループ不毛の地だった中国だが、ここ数年はSNH48やTFBOYSなどといった人気グループが台頭し、やっと活況を見せるようになってきた。メイン写真はSNH48。
2017年7月12日、これまでアイドルグループ不毛の地だった中国だが、ここ数年はSNH48TFBOYSなどといった人気グループが台頭し、やっと活況を見せるようになってきた。騰訊が伝えた。

その他の写真

これまで中国にもアイドルグループは数多く存在したが、いずれも名前を知られる前に解散、または自然消滅していた。このため、香港のTwins、台湾のS.H.Eが中華圏を代表するグループとして10年以上にわたって君臨してきたほか、この空白に需要を見出し進出してきた韓流グループが空前の人気を得ていた。

しかしここ数年、SNH48やTFBOYSといった海外でも通用するような本格派が誕生し、やっと活況を見せるようになってきた。12年に日本の人気グループの妹分として誕生したSNH48は、現在ではBEJ48(北京)、GNZ48(広州)、SHY48(瀋陽)といった新グループも誕生。昨年行われた第3回シングル選抜総選挙では、投票数が前年比252%増となり、その人気のほどが分かる。「4000年に1人の美少女」ことジュー・ジンイー(鞠[女青]「示韋」)はじめ、ホアン・ティンティン(黄[女亭] [女亭])、リー・イートン(李藝[丹彡])といったソロでも戦える実力派メンバーも誕生している。

国民的アイドルに成長した美少年3人組のTFBOYSに続き、人気急上昇中なのが、昨年9月にデビューしたばかりのX NINE(X玖少年団)だ。15〜24歳の9人構成で、アイドル育成番組から歌って踊れるイケメン男子を厳選した。今年、メンバー数人が北京電影学院や上海戯劇学院といった難関大学に合格し、「顔面偏差値も知能も高い」と、これまでとはタイプの違うアイドルとして一躍注目を浴びた。デビューから1年未満で、4月には上海体育館で1万人規模のソロコンサートも成功させている。(翻訳・編集/Mathilda
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事