IOCがドーピング検査を新設の独立機関へ移管、平昌五輪が新制度初の大会に―韓国メディア

配信日時:2017年7月10日(月) 23時0分
IOCがドーピング検査を独立機関へ移管、平昌五輪が初の大会に
画像ID  570431
来年の韓国・平昌冬季五輪のドーピング検査が独立した機関によって行われることが決定した。
2017年7月10日、中国新聞網によると、来年の韓国・平昌冬季五輪のドーピング検査が独立した機関によって行われることが決定した。

韓国・聯合ニュースによると、国際オリンピック委員会(IOC)は9日にスイス・ローザンヌで執行委員会を開き、これまでIOCと国際競技連盟が実施してきたドーピング検査を、新たに設立する独立検査機関に移管することを決定した。これにより、来年の平昌五輪が、独立機関によるドーピング検査が実施される最初の大会となる。

IOCは今年3月、平昌での執行委員会で独立検査機関の設立を発表。「世界アンチドーピング機関はスポーツ団体や各国の利害関係の影響を受けてはならない。そして、独立した検査機関の設立が必要だ」としていた。

IOCのサイトによると、独立検査機関は非営利団体としてスイスに本部を置き、国際競技連盟や大きな競技大会組織委員会に対し、世界アンチドーピング機関の要求に沿ったドーピング検査を実施する。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事