Record China

ヘッドライン:

古典庭園で避暑を楽しむ市民、意外にも上海でおすすめの避暑スポットは公園?!

配信日時:2017年7月10日(月) 22時50分
拡大
例年よりやや早く、5日に梅雨明けしたばかりの上海は、連日30度近い高温が続いているが、涼しさをもとめて自然と市民が集うのが「公園」だ。上海にも有名な公園はたくさんあるが、今回紹介するのは、「桂林公園」。
(1/6枚)

例年よりやや早く、5日に梅雨明けしたばかりの上海は、連日30度近い高温が続いているが、涼しさをもとめて自然と市民が集うのが「公園」だ。上海にも有名な公園はたくさんあるが、今回紹介するのは、「桂林公園」。

その他の写真

桂林公園は、もともと私邸としてつくられた庭園を様々な歴史を経て1957年に公園として復元した場所だ。敷地は約35000平方メートルで、園内には、亭(あずまや)、楼閣、太湖石などが多く設置され、上海市民には古典庭園としても親しまれている。

また、茶館やレストランもあり、1日居ても楽しめるスポットで、地方からの観光客も少なく、平日はほぼ周辺に住むお年寄りの憩いの場所となっている。いつ訪れても、四季折々の風景が楽しめ、まったりとできる公園の一つだ。

一歩園内に入ると、暑い日射しも遮る緑いっぱいに囲まれた景色が目の前に広がり、樹木でできた日陰の中を歩くと、しぜんと気温も下がるような心地よさがある。水を巧みに取り入れた池も多く、視覚でも涼しさを感じることができる。

そして何と言っても名前の由来でもあるキンモクセイ(中国語:桂花)が20種以上、約1000株植えられており、シーズンにはゆかしい香を漂わせ、来園者を楽しませる。キンモクセイの見頃は10月初旬〜中旬で、この時期は訪れる市民も多くなるという。

上海周辺には世界遺産に登録されて有名な蘇州の園林庭園もあるが、時間的に蘇州まで行けない観光客には、江南古典の伝統的な造りの桂林公園で、お茶を飲みながらゆったりとくつろぐのも旅の一興になるかもしれない。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海の避暑スポット〜桂林公園」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

上海初体験?流しそうめんならぬ、流し蕎麦が中国人客に大人気!変わる飲食店のスタイルが成功のカギに

上海人は新しいものが大好きな土地柄で、開放的で国際色豊かな文化の刺激を常に受けている。そして流行やファッションも常に最先端をいき、全国区でブームになるころ、上海ではすでに次の新しいモノ、コトに飛びついているというくらいスピードのある市場だ。

フライメディア
2017年7月1日 18時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング