Record China

ヘッドライン:

空母「遼寧号」の見学チケットを求めて、雨の中徹夜で並ぶ香港市民―中国メディア

配信日時:2017年7月6日(木) 0時20分
拡大
香港祖国復帰20周年を祝して、中国初の航空母艦「遼寧号」及び、僚艦3隻が7日から11日まで香港地区に停泊し、8日及び9日に一般公開される。
(1/3枚)

香港祖国復帰20周年を祝して、中国初の航空母艦「遼寧号」及び、僚艦3隻が7日から11日まで香港地区に停泊し、8日及び9日に一般公開される。

その他の写真

航空母艦を間近に見ることができる貴重な機会に、見学チケット販売の話を聞きつけた香港市民たちは、販売前日から駐屯地入口で雨の中を徹夜で並んだ。新華社が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集TK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

習近平国家主席が香港の重要インフラ建設プロジェクトを視察

習近平国家主席は1日午前、香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の案内の下、香港のランタオ島と広東省珠海市、澳門(マカオ)を結ぶ海上橋「港珠澳大橋」の香港区間の建設工事現場や香港国際空港第3滑走路の建設状況を視察した。人民日報が報じた。

人民網日本語版
2017年7月4日 9時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング