Record China

ヘッドライン:

中国人の心に残る日本アニメ10選、あなたはいくつ見たことがありますか?―中国サイト

配信日時:2017年7月5日(水) 15時20分
拡大
中国の大手漫画・アニメ情報サイト「漫域」は3日、「死ぬまでに見たい日本のアニメ10選」と題した記事を掲載した。資料写真。

中国の大手漫画・アニメ情報サイト「漫域」は3日、「死ぬまでに見たい日本のアニメ10選」と題した記事を掲載した。

記事では、「名探偵コナン」や「ONE PIECE」、「NARUTO−ナルト−」、「DEATH NOTE」、「黒執事」など1990年代後半から2000年代後半に放送されたアニメのほか、「美少女戦士セーラームーン」、「SLAM DUNK」といった1990年代前半放送の名作も選出している。「名探偵コナン」や「ONE PIECE」は現在も放送中だが、この2作品を上回る長寿アニメである「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」や、2015年から新シリーズが放送されている名作「ドラゴンボール」も選ばれた。

日本のアニメについて記事では、「日本のアニメはストーリーから品質まで非の打ちどころがないものばかり。多くの名作が中国人の心に残っている。漫画・アニメファンにとって日本の地位は揺るぎないものである。これらのアニメ、あなたはいくつ見たことがありますか?」と結んだ。(翻訳・編集/内山

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

日本アニメの海賊版に夢中になった幼少期、今は「愛の爆買い」で好きな作家を支えたい!―中国人学生

日本では中国人観光客による爆買いが終息していると報じられているが、「政治や経済に影響を受けない爆買い」も存在する。そう主張するのは、国際関係学院の喬志遠さん。喬さんは中国人の「爆買い」を、オタク目線で紹介している。

Record China
2017年6月25日 12時50分
続きを読む

ランキング