Record China

ヘッドライン:

中国の地下鉄の多くが赤字、6都市は旅客輸送量の最低目標に届かず―中国メディア

配信日時:2019年6月10日(月) 13時0分
拡大
9日、観察者網は、中国の地下鉄は多くの都市で赤字となっており、旅客輸送量が目標に届いていないところもあると伝えた。写真は南京市の地下鉄。

2019年6月9日、中国メディアの観察者網によると、中国の地下鉄は多くの都市で赤字となっており、旅客輸送量が目標に届いていないところもあるという。

記事によると、近年中国では地下鉄が急速に発展し、現在では33都市で地下鉄が開通。すべての都市の地下鉄を合わせた総延長距離は4600キロに達する。特に、この10年だけで新たに21都市で地下鉄が開通しているという。

しかし、記事は「多くの路線が赤字になっている」と指摘する。18年には30以上の都市で6000億元(約9兆6000億円)をかけて地下鉄を含む都市間鉄道の建設が行われたが、収支バランスが取れている都市は少数だという。

記事は、「28都市を対象にした概算統計によると、18年に全国の都市間鉄道の1本1キロ当たりの運営経費は平均で23.8元(約380円)で、営業収益は17.2元(約275円)に過ぎない。1人キロ当たりの運営経費は平均0.84元(約13.4円)だが、営業収益は0.48元(約8円)だ」と指摘した。

記事によると、18年は杭州、青島、深セン、北京の4都市だけが「収支バランスが取れていた」というが、その他の24都市は赤字運営だという。また、「18年の収支比率はわずか78%で、17年と比べ8%減少した」とも伝えた。

旅客輸送量については、19年4月の時点で北京、上海の1日当たりの旅客輸送量は延べ1000万人を超えており、他の12都市でも100万人を超えているという。一方で、昆明、寧波、アモイ、東莞、貴陽、ウルムチの6都市は、15年に国家発展改革委員会によって地下鉄建設の要件に定められた「1日1キロ当たりの旅客輸送量が延べ7000人を下回らないこと」という基準に達していないという。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本人?飲食禁止の台湾地下鉄で「タピオカミルクティー」飲む女性の写真が物議―台湾メディア

3日、台湾メディアETtodayは、飲食が禁止されている台北の地下鉄で日本人と思われる若い女性がタピオカミルクティーを飲んでいる写真が掲載されたことについて、「車内飲食とは全く別の部分で物議を醸した」と報じた。写真は台湾の地下鉄駅(資料写真)。

Record China
2019年4月5日 17時50分
続きを読む

ランキング