Record China

ヘッドライン:

日本企業が青果鮮度を6カ月保てるフィルムを開発=中国ネット「すごい」「中国には…」

配信日時:2020年3月2日(月) 23時30分
拡大
28日、新浪財経は、三井化学が青果の鮮度を6カ月保持できるフィルムを開発したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2020年2月28日、中国メディアの新浪財経は、三井化学株式会社が青果の鮮度を6カ月保持できるフィルムを開発したと伝えた。中国のネットユーザーからも反響が寄せられている。

記事は、日本経済新聞の記事を引用し、三井化学が開発した包装用フィルム「アドフレッシュ」を紹介。青果物の鮮度を長期間保持できるもので、内部の二酸化炭素と酸素を調節することで青果物の腐敗を防ぎ、ブドウなら最長6カ月鮮度を落とさず保存できるという。5月には発売する予定で、高級フルールの長距離輸送に役立つことが期待される。

これに対し、中国のネットユーザーから「これが本当だとしたらすごいな」「日本の科学技術は生活のいたるところに応用される」「本当にそうなら冷蔵庫がいらないかも」「宇宙飛行で新鮮な果物を提供できるね」などのコメントが寄せられた。

一方で、「中国には果物が多いから(必要ない)」「(高級フルーツを海外などに輸出するという)日本の国情に適した発明」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング