Record China

ヘッドライン:

食品安全ランキング、日本18位、韓国24位、中国45位=「本当に恥ずかしい結果」「これならいい方」―中国ネット

配信日時:2017年10月4日(水) 7時30分
拡大
3日、中国のポータルサイト・新浪に、2017食品安全指数レポートについて紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中華食材。

2017年10月3日、中国のポータルサイト・新浪に、2017食品安全指数レポートについて紹介する記事が掲載された。

英国のエコノミスト・インテリジェンス・ユニットが公表した2017食品指数レポートによると、調査対象の113カ国中、日本が18位、中国は45位になった。

最も安全と評価されたのはアイルランドで、米国は順位を落として2位になった。中国は、これまでずっとランキングの中ほどの位置で、15年の42位から45位に順位を落とした。

アジアの中では、シンガポールの順位が最も高く4位で、韓国はチリと並んで24位、マレーシアが41位となった。

この結果に対し、中国のネットユーザーから「本当に恥ずかしい結果だ」、「食品安全の面では周辺の小国にも劣る中国」、「中の上だって?これも世界一になるべきじゃないのか?何でも世界一、世界をリードと言っているのに、食品安全は中の上でいいのか?」などのコメントが寄せられた。

しかし、「中の上ならいい方じゃないか」という意見や、「米国が2位?遺伝子組み換えとか添加物とかが多いのに?」との疑問の声、「この数年、中国は食品安全の面で管理を強化してきたはずでは?なんで順位が下がるんだよ」と指摘するユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

食品の国際標準を中国が初めて策定―中国メディア

中国商業連合会が本日発表した情報によると、第38回国際食品規格委員会(CAC)大会で発表された「非発酵豆製品」標準が、CAC食品添加剤規格委員会及び分析・サンプリング方法規格委員会の審査に合格し、正式に採用された。

人民網日本語版
2017年7月1日 15時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング