中国に対する挑戦?日本が中国より先に有人月面探査の実現を目指す―中国メディア

配信日時:2017年7月3日(月) 0時30分
中国に対する挑戦?日本が中国より先に有人月面探査の実現を目指す
画像ID  569505
2日、中国のLinux情報サイト・Linux公社が、日本は中国より先に有人月面探査の実現を目指していると伝えた。資料写真。
2017年7月2日、中国のLinux情報サイト・Linux公社が、日本は中国より先に有人月面探査の実現を目指していると伝えた。

記事は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が文部科学省に対して、30年に有人月面探査の実現を目指す方針であることを報告したと紹介。これは、36年までに有人月面探査の実現を目指すことを発表した中国に対する「挑戦だ」と伝えた。

しかし、中国と日本では大きく異なる点として、中国は独自に有人月面着陸を計画しているのに対し、日本は複数国の協力によって実現しようとしていることだと指摘。これには費用面での負担が大きいことが主な理由であり、JAXAにとって独自での有人月面探査を実現するには費用が高すぎるという。

この複数国による協力は、25年に準備が始まるといわれているが、日本はまだこの計画の成員となれるか否か、正式には決定していないという。来年3月に行われる「国際宇宙探査フォーラム」で、JAXAは更なる細かな情報を公表する見込みであり、その時には、中国とインドで争っている「アジアの宇宙開発競争」に日本が何らかの変化をもたらすか、はっきりとするだろうと結んだ。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 西宮の***** | (2017/07/03 10:58)

    中国が月探査を行うことは「良し」とし、日本が月探査を行うことは「中国に対する挑戦」と言っている。 中国はでかい図体してる割に、根性が極小だネ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 月猶紅***** | (2017/07/03 10:26)

    宇宙のこと全然詳しくないですけど、中国が先月19日にロケットの打ち上げ失敗に続いて、昨日また失敗しましたね。先月は初めてのテレビ中継だったそうで、花火大会に終わった打ち上げは中国の威信を大いに傷つけた模様です。今回のロケットも大型で宇宙ステーション建設に重要な機材を載せていたらしいです。中国は驚異の打ち上げ成功率だそうですが、打ち上げの公開がはじまって立て続けに失敗というのは、考えさせられますね。これまで非公開で打ち上げていた分にもかなりの失敗があるのではないか、って。いずれにしても、中国は先進諸国共同による国際宇宙ステーションのプロジェクトから弾かれているので、独自にやらなければ生きる道がないそうです。日本の宇宙技術を過小評価してみせたり自画自賛も必要ですね。苦労されているのではとお察しします。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hig***** | (2017/07/03 09:15)

    この手の記事読むたびに思うことだが、中国は日本と いろんな面で競争してる気なのか。日本は中国がどんな 計画持っていようが、ただ予算と技術で日本独自の計画を 立ててるだろう。当たり前のことだ。中国も世界中の国に 対して競争心持ってがんばってるなら、それはそれで偉い と思うよ。だが中国人の伝統的な、欧米の国には負けて 当然という情けない意識があるようだ。それが日本にだけは 負けたくない、という対抗心につながっているようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<