Record China

ヘッドライン:

香港祖国復帰20周年を祝う芸術公演開催 香港

配信日時:2017年7月1日(土) 15時10分
拡大
香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターで6月30日夜、香港祖国復帰20周年を祝う芸術公演「心と心をつなぎ、未来を創る」が開かれ、習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)が出席し、観賞した。

香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターで6月30日夜、香港祖国復帰20周年を祝う芸術公演「心と心をつなぎ、未来を創る」が開かれ、習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)が出席し、観賞した。人民日報が伝えた。

同公演では「回帰頌」や「東方之珠」、「我的中国心」から「香港・我家」や「友愛長存」まで、中国の愛国精神と香港を讃えるメロディーが次々と披露された。力強いドラムの演奏、威風堂々とした武術パフォーマンス、人々を高揚させたピアノによる「黄河船夫曲」の合奏などが中華の歴史と文化に対する生き生きとした熱い思いを表現。また、歌曲「天耀中華」や「茉莉花」などが祖国への恋々とした思いを表現したほか、特色あふれる舞台劇のワンシーン、独特な雰囲気を演出した映画音楽メドレー、伝統と現代を融合させたファッションショーなど、香港の多元的な文化の魅力をあますところなく披露した。そして中華の子供たちに夢を持ち続け、奮闘し続けるようにという共通の思いが込められた歌曲「不忘初心」は人々を深く感動させた。

公演の最後に、習近平総書記は香港特別行政区の梁振英行政長官と林鄭月娥次期行政長官を伴って舞台に上がり、公演の主な出演者たちと一人一人握手を交わした後で、会場全体で高らかに「歌唱祖国」を歌い、偉大なる祖国の繁栄と香港のより良い未来を祝福した。公演における盛り上がりは最高潮に達し、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。(編集TG)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング