Record China

ヘッドライン:

日本の求人倍率が43年ぶりの最高水準、労働力不足が深刻に―中国メディア

配信日時:2017年7月3日(月) 7時10分
拡大
1日、中国メディアの中国新聞網が、英国メディアの報道を引用し、日本の労働力不足が深刻になっていると伝えた。写真はハローワーク。

2017年7月1日、中国メディアの中国新聞網が、英国メディアの報道を引用し、日本の労働力不足が深刻になっていると伝えた。

報道によると、日本の5月の有効求人倍率は1.49倍となり、前月から0.01%上昇し、1974年2月以来の高い基準となった。少子高齢化で労働力が不足していく中で、日本企業は労働力の確保が難しくなっているという。

記事は、先月の求人倍率が1990年のバブル期の最高値を超えたことは、1つの里程標を超えて次の里程標が近づいていることを意味していると分析。実際、正社員の有効求人倍率が5月に0.99%と過去最高となっている。

つまり、求職者にとって多くの時間をかけずに待遇の良い職を見つけることができることを意味しており、これは日本の労働市場の大きな変化だという。不安定な契約社員やアルバイトが増加し、正社員が減少するというのがこの数十年の日本の労働市場の傾向だったからだ。

正社員の増加は、企業が労働力不足に対応するために労働条件の改善を通して実現したことで、給料の増加によるものではないと記事は分析した。しかし失業率は前月の2.8%から3.1%に上昇している。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国の女性労働率が欧米を上回る=「平等と進歩の印」「これは女性蔑視だ。何でも女性にやらせようとしている」と中国ネットは賛否両論

29日、中国メディアの観察者網が、中国の女性労働率は欧米など主要各国を大きく上回っていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2017年5月30日 0時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング