Record China

ヘッドライン:

科学技術革新、北京の経済成長への寄与度は60%以上

配信日時:2017年7月1日(土) 5時0分

北京市人民政府の29日の記者会見で発表された情報によると、全国科学技術革新センターの建設は、この5年間で多くの成果を手にした。北京市の2016年の研究開発費は、2011年比58%増の1479億8000万元(1元は約16.51円)で、域内総生産(GDP)の約6%を占め、全国最高水準となり、しかも先進国の平均水準を上回った。科技日報が伝えた。

同日の記者会見では、全国科学技術革新センター建設の成績と進展が紹介された。データによると、北京市では昨年、科学技術型企業が8万社新たに設立し、同年の新規設立企業数全体の36%を占めており、全社会の革新・創業の意欲と投資が大幅に拡大していることが分かる。北京市の1万人あたり発明特許保有件数は76.8件で、全国平均水準の9.6倍。特許協力条約(PCT)の国際出願制度に基づく特許出願件数は、2011年の3.5倍の6589件。ハイテク産業付加価値額の年平均成長率は37.7%、科学技術サービス業は12.8%。技術契約成約額は2011年の2.08倍増の3940億8000万元で、5年間で倍増を実現した。(編集YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

ランキング