Record China

ヘッドライン:

韓国は大統領までもが「安全不感症」?乱気流に遭遇の機内で立ったままマイク握り物議―韓国ネット

配信日時:2017年6月30日(金) 17時30分
拡大
30日、韓国・朝鮮日報などによると、トランプ大統領との初の首脳会談のため米国に向かった韓国の文在寅大統領の専用機内での行動が、賛否の議論を巻き起こしている。写真は文在寅大統領。

2017年6月30日、韓国・朝鮮日報などによると、トランプ大統領との初の首脳会談のため米国に向かった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の専用機内での行動が、賛否の議論を巻き起こしている。

28日、米国に向かう大統領専用機内で記者席の前に立ち、マイクを握っていた文大統領の体が一瞬よろめいた。機体が不意に乱気流に遭遇し、大きく揺れたのだ。揺れはその後も続き、周りに立っていた高官らは天井を手で押さえたり椅子をつかんだりして体を支え、座席に着いていた記者らからは悲鳴も上がったという。

しかし文氏はマイクを離すことなく、立ったまま記者からの質問に答え続けた。機長からは揺れの直後に「席にお座りください」とアナウンスがあり、朱英訓(チュ・ヨンフン)大統領警護室長が「規定上、座らなければなりません」と大統領に直接申し出たほか、尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官が記者に「皆さん、ここまでにしましょう」と呼び掛けるなど、周囲から繰り返し懇談会中断が促されたが、文氏は「もう一言だけ」と応じなかったそうだ。

この大統領の行動について、一部メディアは「乱気流よりも意思疎通を優先した」「米韓同盟が『揺るぎない』ことを機内から示した」などと好意的に伝え、ネットユーザーからも「さすが特殊戦司令部出身」「頼もしい」「これこそ指導者たる者の姿」と称賛する声が多数寄せられた。

しかし一方で、これを韓国でしばしば憂慮される「安全不感症」からくる行動だと指摘し批判する声もある。数では肯定派に及ばないようだが、それでも「いくら大統領でも、安全上の規則は守らなきゃ」「特殊戦司令部出身だからって、これは適切とは思えない」「安全意識は上の人からまず率先して示してほしい。言葉でなく行動でね。セウォル号の惨事以降も、いまだに正されていない」とのコメントや、「大統領自ら安全不感症だなんて、まったくこの国の安全が心配だよ」と嘆く声もあった。(編集/吉金

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

訪米中の韓国大統領がSNSにつづった初日の感想とは?=韓国ネットも注目「韓国のイメージがどんどん向上」「彼は2つの顔を持っている」

29日、韓国メディアによると、米国を訪問中の文在寅韓国大統領は同日、自身のフェイスブックに「米韓同盟はより偉大で強い同盟に発展するだろう」と書き込み、米韓同盟の結束を強調した。写真は文大統領。

Record China
2017年6月30日 12時40分
続きを読む

朴槿恵前大統領のせいで「火病」になった!韓国で国民1万人が賠償請求訴訟=ネットには否定的な声多数

26日、韓国の朴槿恵前大統領の違法行為により精神的損害を被ったとして、市民らが朴前大統領を相手取り起こした損害賠償請求訴訟が本格審理に入った。写真は朴槿恵政権の退陣を求める集会が行われたソウルの光化門広場。

Record China
2017年6月28日 11時20分
続きを読む

世界的野外ロックフェスで振られたハングルの旗に韓国ネットが大興奮=「クールだ」「韓国人ならこれを見て喜ばないわけにはいかない」

25日、英国で開かれた世界最大規模のロックフェス「グラストンベリー・フェスティバル」にハングル表記の巨大な旗が登場し、韓国のネットユーザーから大反響が寄せられている。資料写真。

Record China
2017年6月26日 19時50分
続きを読む

ランキング