恐ろしすぎる日本の細部にわたる配慮―中国メディア

配信日時:2019年10月23日(水) 9時20分
恐ろしすぎる日本の細部にわたる配慮―中国メディア
画像ID  568243
21日、中関村在線は、日本で見られる細部にわたる配慮について紹介する記事を掲載した。写真は羽田空港。
2019年10月21日、中関村在線は、日本で見られる細部にわたる配慮について紹介する記事を掲載した。

記事は、日本へ旅行に行ったことのある人の多くが、細部にわたって配慮が見られることに驚くと指摘。この配慮がどの程度のものなのかを具体的に紹介した。

その一つが、「空港での受託荷物の扱い方」が非常に丁寧なこと。記事は「普段われわれが目にするのは、乱暴に荷物を扱う様子だ」と指摘。しかし日本では受託荷物が丁寧に扱われており、ターンテーブルでは荷物が取りやすいよう方向をそろえ、壊れやすい荷物は専用のケースに入れる気配りがされていると伝えた。

また、「ホテルの照明」にも配慮が見られると紹介。二つのベッドの間に置かれた照明は、片側だけ点灯できるようになっており、隣のベッドの人の睡眠を妨げないよう配慮されていると記事は称賛した。また、年代別に度数の異なる老眼鏡が準備され、ホテルへの意見書を書きやすいようになっていると伝えた。

さらに、街へ出てみるとマンホールのふたに「芸術的なデザイン」が施されていると紹介。飲食店へ入ってみると、広告の商品と実際に手に取る商品の見た目が同じであることに驚いている。

最後に紹介したのは「トイレ」。日本ではトイレ用のスリッパが用意されていることや、恥ずかしい思いをしないようトイレ用擬音装置があり、しかも音量を調節できるようになっていること、温水洗浄便座が普及していること、ベビーチェアがあって親も安心して用を足せること、トイレの利用状況案内があってどの個室が空いているかが一目瞭然であることなどを伝えた。

結論として記事は、「この種の使用体験と細部にわたる配慮は、恐ろしいものがある」とし、「もし中国国内のサービス業がここまで細部にわたって配慮を示せば、絶対に大人気となるだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/10/24 01:30)

    企業と顧客の関係性って事なんじゃないかね。 中国だと企業の方が強過ぎて、荷物の扱いでクレーム入れても改善なんかしないんじゃないの? 逆に日本はクレーマーが増え過ぎて、意味不明なクレームにまで神経を使う様になってしまってるし。 こういうのも匙加減だとは思うけど、企業側も利用者・顧客側も互いを尊重したなら、多少の事ではクレームに発展しないだろうし、顧客満足を引き出す為の積極的な業務改善にも繋がるんじゃないかと思うんだけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2019/10/24 01:26)

    日本と中国を比べると、日本が優れていると思うのは観光できていたからであって日本人には其れは単なる日常の積み重ねである。 其れを言うなら中国の漢方薬は日本の比ではない。 長年の積み重ねで漢方を作り上げた事は素晴らしいの一言では言い表せられない。 物事は考え方一つだと思う。 怒って仕事すると気分すら悪くなってくる笑顔で仕事をする。 ただ笑顔で仕事するためには笑顔になる何かをしなくてはならなくなる。 例えば毎朝少し前に会社に来て、自分の持ち場の掃除をしたら気持ち良い気分で仕事が出来る。ただ其れは自分の気分を向上させるためなのだが周りの人は、案外違う感動したりする。 コンビにでも、詰まらない仕事なのにお客さんに「おはようございます」と言ったり言われると何か気持ちよくなる。 現実眠気を誤魔化す為の挨拶だったとしてもね。 色んな気持ちの積み重ねであり、偽善ではないのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Kio***** | (2019/10/23 11:12)

    これらの配慮で低賃金だから、日本はブラック企業だらけなのだと思う。たとえ最低時給でも、日本人はスマホいじりながらコンビニで応対したりしない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事