Record China

ヘッドライン:

日本の10大アニメ映画、大ヒットの「君の名は。」は何位?―米サイト

配信日時:2017年6月23日(金) 13時50分
拡大
中国のポータルサイト・テンセント(QQ)は21日、「米サイトが選ぶ日本のアニメ映画トップ10」と題した記事を掲載した。写真は「君の名は。」。

中国のポータルサイト・テンセント(QQ)は21日、「米サイトが選ぶ日本のアニメ映画トップ10」と題した記事を掲載した。

昨年に公開され大ヒットを記録した新海誠監督の「君の名は。」は日本のアニメ映画市場を刺激し、今年も多くのアニメ映画が公開を予定している。これに関連し、米映画情報サイト・watchmojoはこのほど、日本の長編アニメ映画のトップ10を選び発表した。

1位:「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)

2位:「AKIRA」(大友克洋監督)

3位:「君の名は。」(新海誠監督)

4位:「もののけ姫」(宮崎駿監督)

5位:「涼宮ハルヒの消失」(石原立也、武本康弘監督)

6位:「ハウルの動く城」(宮崎駿監督)

7位:「攻殻機動隊」(押井守監督)

8位:「REDLINE」(小池健監督)

9位:「おおかみこどもの雨と雪」(細田守監督)

10位:「千年女優」(今敏監督)

日本歴代興行収入1位の「千と千尋の神隠し」がこのランキングでも見事首位を獲得。2位の「AKIRA」は1988年公開というかなり古い作品だが、欧米のアニメファンに依然として人気があることが分かる。「君の名は。」は3位という結果で宮崎監督の「千と千尋の神隠し」には及ばなかったものの、同じく宮崎監督の「もののけ姫」や「ハウルの動く城」より高い順位となっており、その勢いを示す順位となった。(翻訳・編集/内山

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の作品が仏国際アニメ映画祭で最高賞を獲得、中国作品は賞に届かずも存在感見せる―中国メディア

19日、新華社をはじめとする多くの中国メディアが、フランスで行われたアヌシー国際アニメーション映画祭で「夜明け告げるルーのうた」など日本の2作品が賞を獲得したことを報じた。写真は日本で売られている「妖怪ウォッチ」のお茶碗。

Record China
2017年6月20日 0時10分
続きを読む

ランキング