虐待?ガリガリすぎてクマに見えないヒグマを発見、動物園は「痩せていますが健康です」―中国

配信日時:2017年6月20日(火) 16時40分
虐待?中国の動物園でガリガリすぎてクマに見えないヒグマを発見
画像ID  567644
20日、中国河南省新郷市の動物園で目撃されたガリガリのヒグマが、中国のネット上で話題となっている。
2017年6月20日、中国河南省新郷市の動物園で目撃されたガリガリのヒグマが、中国のネット上で話題となっている。

その他の写真

あるネットユーザーが園側の管理不足を指摘するコメントとともに問題のヒグマの写真を投稿したことに対し、園は19日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通してヒグマに対する虐待疑惑を否定した。

「1歳をすぎたばかりのヒグマは骨格が急成長する時期にあり、大人のクマのように脂肪を蓄えることができない。さらに今は毛が抜け落ちる時期。口の部分が細長いため痩せて見えるが、食事はきちんと与えている」と説明し、管理科の責任者も「確かに痩せているが正常な範囲内。虐待や病気、えさの制限などといった事実はありません」とコメントしている。

ただ、ヒグマの写真を見たネットユーザーからは依然としてその健康状態を心配する声が寄せられており、「新種の動物かと思った」「犬より痩せている。普通の家で育てられた方が良いのではないか」「ガリガリすぎてクマに見えない」「きちんと飼育できないなら動物園に受け入れないでほしい」などの声が聞かれた。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事