日本はまだ中国の台頭を受け入れたわけではない―中国専門家

配信日時:2018年11月9日(金) 6時50分
日本はまだ中国の台頭を受け入れたわけではない―中国専門家
画像ID  567468
7日、米華字メディア・多維新聞は、日中平和友好条約締結40周年を機に緊密化した日中関係について、日本が中国の台頭を受け入れたわけではないとする、中国人民大学重陽金融研究院の関照宇氏の話を伝えた。資料写真。
2018年11月7日、米華字メディア・多維新聞は、日中平和友好条約締結40周年を機に緊密化した日中関係について、日本が中国の台頭を受け入れたわけではないとする、中国人民大学重陽金融研究院の関照宇(グアン・ジャオユー)氏の話を伝えた。

関氏は「日本は心理的に、日増しに台頭する中国を受け入れていないと思う。安倍晋三首相は日中関係が競争から協調へと変化したと語った。確かに両国には多くの協力の余地があるが、中国の台頭という客観的事実を必ずしも完全には受け入れていない」と指摘した。

また、「日中両国の接近を促した主な動力は、米国の政治の不確定さだ」とし、「トランプ米大統領による米国至上主義は同盟国の信頼を損なった。米国との不確定的な同盟関係のもとで、日本は別の道を探さなければならなくなった。また、中国経済の持続的な発展や『一帯一路』による経済効果を期待する日本の経済界による後押しもある」と論じている。

そして、日中両国の友好的な発展は少なくとも2022年までは続くとした上で、「日本の外交には明確な方向性がない。そのため、日中関係の変化は米中関係の変化によって決まる。日中関係はやはり米中関係の一部だ。条約締結40年という節目で、日本は中国が方向を指示してくれることを大いに期待している。米国に頼りきれなくなる中で、日本は眼差しを中国に向けたのである」と主張した。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2018/11/09 09:05)

    健全に競争し共存できる相手ならいいんだけど、人権問題を抱え、勝手に南しなを基地化し、地元企業と合弁させて技術を吸い取っては独自技術のようにしらばっくれる国だからねえ。誰だってそんな国は嫌だよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/09 08:31)

    >日本は心理的に、日増しに台頭する中国を受け入れていないと思う サッカーで言えば『手でボールを相手のゴールに入れた』行為に拍手は送れない。もちろんキーパー以外の選手である。ゴルフならボールを蹴ってグリーンに乗せても『ナイスワンオン』とは言わないはずだ。中国の経済発展には多くの〈ルール違反〉がある。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2018/11/09 07:11)

    日本の外交には極めて明確な方向性がある。米国に追従し、海洋諸国と連携し、大陸勢力に対峙するという、マハンのシーパワー理論そのままの方向性が。韓国はこれまで「島国」だったが、南北統一で共産主義の大陸国家になろうとしている。だから38度線が南下すると言っているのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事