中国市場を失えば米3大自動車メーカーは二流の会社に―中国紙

配信日時:2018年4月4日(水) 16時10分
中国市場を失えば米3大自動車メーカーは二流の会社に―中国紙
画像ID  567467
米国の中国に対する制裁が自動車産業にも及ぶ可能性がある。しかし、中国の専門家からは「中国市場を失えば米3大自動車メーカーは二流の会社になるだけ」との見方が出ている。写真は外車に乗る中国の若者。
2018年4月3日、環球時報によると、米国のトランプ政権は通商法301条(スーパー301条)の調査に基づき、中国から輸入されるハイテク製品に対して追加関税を課す品目リストを6日までに公開するとの見方が広がっている。

ロイターは2日、米国の301条による制裁発動は中国の「メイド・イン・チャイナ2025」(中国製造2025)をターゲットにする可能性が高いと指摘。メイド・イン・チャイナ2025の恩恵を受けている企業の中には、新エネルギー車を開発する自動車メーカーも含まれる。

しかし、中国自動車工業協会の業界専門家は、「米中の自動車業界はウィンウィンの関係にある。貿易摩擦の余波が自動車産業に及んで制裁対象になっても米国には何の利益にもつながらない」との見方を示している。

同協会の許海東(シュー・ハイドン)秘書長助理は、自動車産業で貿易摩擦のエスカレートが現実になれば、米国は中国の巨大市場を失う可能性が高まると指摘した。

クライスラーの販売台数は中国が米国本国を上回り最大。電気自動車大手・テスラも中国は米国に次ぐ市場となっている。米国の自動車メーカーはドイツや日本のメーカーと激しい競争を繰り広げており、中国市場を失えば計り知れない打撃になると予測した。

また、同協会の董揚(ドン・ヤン)常務副会長は、「今後もまだまだ成長が期待できる中国市場を失えば、GM、フォード、クライスラーの米3大メーカーは二流メーカーに転落するだろう」と指摘している。

貿易摩擦がエスカレートすれば、米国の自動車や部品の対中輸出にも影響が生じる恐れもあるが、許秘書長助理は「米国から輸入している車両も部品も別のメーカーに代替可能」とし、影響は大きくならないとの見方を示した。

また、中国市場ではドイツやフランス、日本、さらに中国の各メーカーがしのぎを削っており、「生じた空白はすぐ埋まる」と話した。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • wak***** | (2018/04/05 17:17)

    すでに世界の自動車2トップは トヨタとVWになっている 米国メーカーは、2流メーカーどころか 中国・インドより下になる恐れ大 自国市場だけで生き残れるなどと誤認している大統領を早く弾劾しないと 米国は百年前の中国本土みたいになるぞ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/04/04 19:53)

    資本主義の原則は『顧客を育てる』ことである。日本が中国に経済援助を続けたのは、戦争中の罪滅ぼしでも、義侠心からでもない。中国が巨大市場に育たないと『日本が豊かになれない』からである。それは米国も同じである。中国の巨大市場は〈自然発生〉したものではない。日本や米国と縁を切って、中国市場が巨大なままでいられるかは不透明だろう。そして中国市場に替る『新しい市場』の開拓がすぐ始まるはずである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/04/04 17:25)

    著作権に賠償を日米欧がまとまって要求するような機運が出来れば持ち堪えれるかどうかだね^^
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事