Record China

ヘッドライン:

サムスンが「爆発スマホ」の特別モデルを発売へ=ネットからは「Fire Edition?」とやゆも

配信日時:2017年6月18日(日) 10時40分
拡大
16日、韓国のサムスン電子が発火・爆発問題で昨年10月に販売を中止した「ギャラクシーノート7」が、新たに「ギャラクシーノートFE」と名前を変え来月発売される。写真はギャラクシーノート7。

2017年6月16日、韓国サムスン電子が発火・爆発問題で昨年10月に販売を中止した「ギャラクシーノート7」が、新たに「ギャラクシーノートFE」と名前を変え来月発売される。韓国・ソウル新聞が伝えた。

「FE」はファンダムエディション(Fandom Edition)の略で、ギャラクシーノートファンのための「特別版」という意味を含み、サムスン電子初の再生スマホになる。

業界関係者によると、来月7日から一般販売が開始される。韓国の3大移動通信(SK Telecom、KT、LGU+)すべてで利用可能。回収した「ギャラクシーノート7」306万台と市場在庫の一部を、韓国だけでなく海外でも販売する予定だという。

昨年8月に発売されたノート7の出荷価格は98万8900ウォン(約9万7000円)だったが、ノートFEの価格はこれより20万〜30万ウォン(約2万〜約3万円)値下げされる可能性が高いという。ノート7がバッテリーの発火・爆発事故で販売中止に追い込まれただけに、ノートFEはバッテリーの安全性が強化されており、バッテリー容量もノート7から低減したという。

サムスン電子が新たに売り出す再生スマホについて、韓国のネットでは依然として不信感を表すコメントが目立つ。また、「Fandom Editionじゃなくて、Fire Editionの意味だろう」とやゆする声も見られた。果たして売れ行きはどうなるのか。(翻訳・編集/三田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

サムスンの最新スマホにさらなる問題、音切れと画面破損の苦情続出=韓国ネット「去年は爆発で、今度は…」「こんなに簡単に壊れるスマホがどこに?」

23日、韓国・朝鮮日報によると、発売3週間で出荷台数1000万台を突破したサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS8」に、音声の断絶とスクリーンの破損を訴える苦情が相次いでいる。

Record China
2017年5月24日 12時50分
続きを読む

サムスン電子・ギャラクシーS8に度重なる品質問題、今度は「画面の焼き付き問題」浮上=「サムスン電子自体が不良品」―韓国ネット

4日、韓国・ニューシスによると、サムスン電子が韓国内で先月21日に正式リリースして以降、度重なる品質問題が話題になっている「ギャラクシーS8」だが、今度は画面の「焼き付き」問題が議論の的になっている。資料写真。

Record China
2017年5月5日 12時50分
続きを読む

サムスンが最新スマホ発売、「今のところ爆発してません」の報道に韓国ネットがツッコミ=「爆発しないスマホが自慢?」「今度は時限機能付きかも」

20日、サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS8」が販売序盤で発火・爆発問題を起こしていないと韓国メディアが伝えたが、本来「当たり前」の報道内容に、韓国のネットユーザーから皮肉るコメントが多数寄せられている。写真はギャラクシーS8。

Record China
2017年4月21日 23時0分
続きを読む

ランキング