日本は世界で最も「ひとり」に優しい国?―中国メディア

Record China    2017年6月18日(日) 12時0分

拡大

16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本は世界で最も「おひとりさま」に優しい国だと紹介する記事を掲載された。資料写真。

2017年6月16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本は世界で最も「ひとり」に優しい国だと紹介する記事が掲載された。

記事は、テンポの速い国際的な大都市では「おひとりさま」が比較的多いと指摘。東京は「おひとりさま」に対して質の高い生活を提供してくれると紹介した。そして調査によれば日本人の半数以上は結婚しなくても幸福を得られると考えていると伝えた。

その上で、日本にあるさまざまな「おひとりさま」向けのサービスや商品を紹介。レストランでは、「おひとりさま」用のメニューや座席が用意されており、1人で焼肉も食べられるという。

また、「ひとりカラオケ」の店もあることや、LUCY ALTER DESIGNが開発したタブレットパソコンを利用した「ひとり映画館」もあると紹介。1人でもエンターテインメントを十分に楽しめるとした。

さらに、BIBILAB 人型抱きまくらには「綿嫁」と「綿旦那」があり、実際の人間と同様の大きさ、形で、「ぼっち生活」を豊かにしてくれると紹介した。

ほかにも、「おひとりさま」用の旅行ツアーや、学校の食堂にも1人用の席があることなどを紹介し、このような「おひとりさま」に優しい都市で生活するなら、「孤独イコール寂しいではない」と記事は結んだ。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携