Record China

ヘッドライン:

自分は中国人ではあるけれど…この日本人だけは好きにならざるを得ない!―中国ネット

配信日時:2017年6月14日(水) 10時10分
拡大
13日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国人ではあっても好きにならざるを得ない日本人について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2017年6月13日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国人ではあっても好きにならざるを得ない日本人について紹介する記事を掲載した。

記事がまず紹介したのは、歌手の坂井泉水さんだ。ZARDのボーカリストであった坂井泉水さんの歌は中国でも人気が高く、本人による作詞という積極的で前向きな歌は、多くの中国人を元気付けたという。

2人目は、遠山正瑛さんだ。中国でもあまり聞くことのない名前かもしれないとしつつも、農学博士の遠山さんは緑化活動のため1980年代から中国に来て植樹を行い、ボランティアなどの協力を得ながら300万本以上のポプラを植えたと、その功績をたたえた。

3人目は宮崎駿監督だ。ジブリのアニメは中国でも大人気であるため、「この人を避けて通ることはできない」という。

4人目は俳優の矢野浩二さんだ。主に中国で活躍する矢野さんは中国人女性と結婚しており、娘も中国籍で、中国で最も有名な俳優といっても過言ではない。

5人目は卓球福原愛選手だ。最年少で日本代表となった福原選手は、2004年のアテネ五輪に参戦。中国留学経験もあって流ちょうな中国語を話すことも、中国人に人気の理由となっている。

これに対し、中国のネットユーザーからは「坂井泉水は顔も声も良い天才」「宮崎駿は間違いなく巨匠級」など同調するコメントが寄せられた。

また、「私は宇多田ヒカル、ほしのあき、久石譲、いとくとら、北野武が好き」というユーザーや、「国恥は忘れるべきではないが、狭い見方だけで日本を見るべきではない」という意見もあった。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<在日中国人のブログ>あのころ中国人は日本に憧れ手本としていた…、私の記憶の中の「日中関係史」

今年は日中国交正常化45周年の節目だ。半世紀以来、中国人の対日感情はいつみても波瀾万丈である。ある意味で、中国人一人一人の記憶の中に独特な「日中関係史」がある。そして、私の自分なりの記憶の中の「日中関係史」を語ってみたい。筆者提供。

黄 文葦
2017年5月13日 11時30分
続きを読む

あんなに反日だった周りの人に変化、「日本人って私が考えていた人たちと違うんだね」―中国人学生

国に対するイメージとは、往々にしてその国の人と接したことから形作られるもの。黒竜江外国語学院で日本語を学ぶ霍曉丹さんは、自身が日本語を学ぶきっかけとなった出会いと、周囲の反応の変化について、作文につづっている。資料写真。

日本僑報社
2017年4月16日 12時30分
続きを読む

「なんだ、日本人って怖くないんだ」=戦争ドラマで見た憎らしいイメージが変わった瞬間―中国人学生

中国の大学では、入試の結果によって必ずしも希望した学科に入れるとは限らない。そのうちの一人だった蘭州理工大学の白宇さんは、日本語に興味がなかった自分を変えてくれた2人の日本人の先生について、作文につづっている。写真は蘭州市。

日本僑報社
2017年3月19日 12時20分
続きを読む

ランキング