Record China

ヘッドライン:

軍服姿の男性が日本風少女に土下座、軍機関紙が再び批判=中国ネットでは探し出して処罰すべきとの声

配信日時:2017年6月12日(月) 22時10分
拡大
12日、解放軍報は中国のアニメ関連イベントに出現した軍服姿のコスプレイヤーを批判する評論文章を掲載した。

2017年6月12日、解放軍報は中国のアニメ関連イベントに出現した軍服姿のコスプレイヤーを批判する評論文章を掲載した。

5月下旬にネット上である写真が拡散し、多くの人の怒りを買った。その写真はあるアニメ関連イベントを撮影したもので、肩に中国国旗が付いている迷彩服を着たコスプレイヤー2人が、日本風の格好をした少女のコスプレイヤーにひざまずく様子が写っていた。

記事は「いかなるショーであっても、越えてはいけないラインというものがある。この2人の行為はもはや軍装に対する冒とくであり、軍人に対する不敬だ。軍装は軍人の皮膚であり、忠誠や奉仕、堅忍さや勇敢さを示すもの。それが冒とくされるようなことがあってはならない。軍装をおもちゃや道具と考える者には、早晩懲罰を受ける日が来るだろうということを忠告するべきだ。価値観が多様化するほど、守るべきところは守らなければならない。軍装を身に着ける者は実際の行動で示す必要があるのだ」と論じている。

この記事に対し、中国のネットユーザーからは「軍装への冒とくは許せない」「厳しく取り調べよ。そして限度を知らぬ輩に代償を払わせよ」「絶対にうやむやにして終わらせてはいけない」「国旗への侮辱と同じだ」との批判が噴出した。中には「土下座している2人組は日本人に違いない」とする者もいた。

その一方で「もう長いこと問題になっているけど、まだ騒いでいるのか」「過剰反応だ」「ただの1枚の写真ではないか」との意見が一部で見られた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

若者のナチス・ドイツの軍服着用を批判=反ユダヤ主義やナチス礼賛の風潮に警鐘―米有力人権団体幹部が東京で会見

米国の人権団体幹部が日本記者クラブで会見し、タイや台湾などの若者がナチス・ドイツの軍服を着ている写真や、ユダヤ人への偏見がこもったメディアの風刺画を提示。反ユダヤ主義やナチス礼賛の風潮が世界各地ではびこっていることに警鐘を鳴らした。写真は同記者会見。

八牧浩行
2017年5月27日 8時50分
続きを読む

台湾の高校のコスプレイベント、ナチス軍服だけじゃなく「打倒日本鬼子」も叫んでいた―中国メディア

27日、台湾新竹市の光復高校で行われたコスプレイベントで、一部生徒がナチス・ドイツの軍服を模した衣装を着用し物議を醸した問題で、別のクラスが日本統治時代に起きた抗日暴動事件を演じ、「打倒日本鬼子」などと叫んでいたことが分かった。写真は台湾地図。

Record China
2016年12月27日 16時30分
続きを読む

ランキング