Record China

ヘッドライン:

中国の「愛国」ビジネスマン、オーストラリアで巨額の政治献金―米メディア

配信日時:2017年6月12日(月) 6時30分
拡大
9日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は、「中国の『愛国』ビジネスマンがオーストラリアで多額の政治献金を行い、南シナ海問題などが中国に有利に動くよう画策している」と伝えた。資料写真。

2017年6月9日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は、「中国の『愛国』ビジネスマンがオーストラリアで多額の政治献金を行い、南シナ海問題などが中国に有利に動くよう画策している」と伝えた。

豪メディアは「中国人ビジネスマン2人がオーストラリアの政治家に多額の政治献金を行っている」と伝えた。南シナ海問題などを中国に有利な状況に導くためとみられる。ジェームズ・クラッパー前米国家情報長官はこのほど、訪問先の豪キャンベラで「オーストラリアは中国による政治的な影響に警戒すべきだ」と警告している。

クラッパー氏は「中国がオーストラリアで進めている政治的な影響力の行使は、ロシアが米国に行っている手法に似ている。彼らはより効果的な方法を探っている。以前では考えられなかった外交、経済、軍事技術などのルートを使っている」と指摘。「米国、オーストラリアとも政治体制の根本で痛手を追う恐れがある」と警告した。

オーストラリア安全情報組織(ASIO)は15年、中国政府に関係のある広東省僑鑫グループの創業者・周沢栄(ジョウ・ザーロン)、深セン玉湖グループの創業者・黄向墨(ホアン・シャンムー)の両氏が、「多額の献金を通じてオーストラリア政界に影響を及ぼそうとしている」と指摘した。周氏はオーストラリアの市民権を持っており、広東省で手広く不動産開発を手がけ、中国の国政助言機関・全国政治協商会議(政協)のメンバーでもある。オーストラリアの安全保障問題の専門家は「中国共産党との関係を警戒すべきだ」と話している。(翻訳・編集/大宮)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米国に続き豪州でも、日本人団体の「慰安婦像撤去」要求が却下に=韓国ネット「なぜ慰安婦像を恐れる?」「多くの韓国人が今も悲しみを…」

17日、韓国メディアによると、豪州の日本人団体が「シドニーにある教会に設置された慰安婦を象徴する少女像は人種的な憎悪と分裂を助長する」と主張し、豪州人権委員会に提出した陳情書が棄却されていたことが分かった。写真はシドニー。

Record China
2017年4月18日 11時10分
続きを読む

日本など4カ国、中国対抗で非公式同盟模索?=中国報道官「事実なら冷戦思考消えていない」

6日、中国外交部の華春瑩報道官は、オーストラリア、日本、インド、ベトナムが、中国に対抗するために非公式な同盟を模索しているとの報道について、「報道が事実なら、グローバル化が進む今日においてもまだ冷戦思考が根絶していないということだ」と述べた。資料写真。

Record China
2017年6月7日 11時10分
続きを読む

ランキング