Record China

ヘッドライン:

韓国・現代自動車が次世代型水素電気車を世界初公開、エコカー開発にアクセル=「空気がきれいになるね」「水素爆弾になったりしない?」―韓国ネット

配信日時:2017年8月19日(土) 13時30分
拡大
2017年8月17日、韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車が世界で初めて「次世代水素電気自動車」を公開、20年までに現在の14種類のエコカーを31種類へと大幅に増やす計画を明らかにした。韓国・ニューシスが伝えた。

現代自は17日、ソウル市内の漢江(ハンガン)公園にオープンした「水素電気ハウス」で次世代水素電気自動車を披露、またメディア向けにグループ全体のエコカー開発戦略を発表した。

これによると、来年初めに発売予定の次世代水素電気自動車は、既存の水素電気自動車(クロスオーバーSUV「ツーソン」)に比べ、コア技術となる水素燃料電池システムの効率・性能・耐久・貯蔵などの性能が改善されているという。1回の充填(じゅうてん)での走行距離は580キロ以上(韓国内基準)を目標とし、また燃料電池システムに新たな制御技術を適用、車両の最大出力を従来比で約20%以上向上させた。

同社国内営業本部長を務めるイ・グァングク副社長は、「次世代水素電気自動車は、水素電気パワートレイン(動力源で発生した回転エネルギーを駆動輪に伝えるための装置類)に対する現代自動車の受け継がれた遺産とリーダーシップを象徴する」とし、「今日公開した新車によって、水素電気自動車分野の世界的リーダーの地位を再確認し、クリーンエネルギー源である水素で運営される水素社会の本格的な幕開けを知らせたい」と語った。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「充填時間がもっと短く、走行距離がもっと長くなるといいね」「これからは水素電気自動車だ」「排ガスの代わりに水が出る。空気がきれいになる」「いい流れだ。期待している」など、水素電気自動車に期待する意見が多く寄せられた。

その一方で、「でも水素と聞くと漠然とした不安を感じる」「現代自が作ると水素爆弾になったりしないかな?」など、不安の声も見られた。(翻訳・編集/三田)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

韓国に日本車が“帰ってきた”!輸入車市場シェアが5年ぶり2割超え=「反日感情から離れて冷静にみたら、日本車の方が優れている」―韓国ネット

4日、韓国経済新聞によると、韓国の輸入車市場で5年ぶりに日本車のシェアが20%を超え、レクサスのハイブリッドモデル「ES300h」がベストセラーカーに輝いた。写真は韓国の駐車場。

Record china
2017年8月7日 20時50分
続きを読む

たった1回の不買で立ち直れない韓国車、不買すればするほど売れる日本車、この違いは何?―中国ネット

18日、中国のポータルサイト・今日頭条が、韓国車はたった1回の不買運動で売れなくなるのに対し、日本車は不買運動するほど売れる理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record china
2017年7月19日 5時30分
続きを読む

トヨタを超えた?韓国現代自動車が水素燃料電池車の核心的技術を開発=韓国ネット「こんな日が来るなんて!」「まだまだ先は長い」

10日、韓国メディアによると、韓国の現代自動車が水素燃料電池車の核心的技術を確保した。水素燃料電池車の最大の弱点である「高い価格」を大幅に下げられると期待されている。写真は現代自動車の販売店。

Record china
2017年7月11日 18時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング