Record China

ヘッドライン:

韓国の愛国の士が眠る国立墓地に親日派の墓がある事実に、ネットも驚き

配信日時:2017年6月8日(木) 20時10分
拡大
5日、韓国・ファイナンシャルニュースは、国のために命をささげた愛国の士らが眠る韓国の国立墓地「顕忠院」に、親日派として知られる人物の墓地が複数ある問題について報じた。写真は韓国国旗。

2017年6月5日、韓国・ファイナンシャルニュースは、国のために命をささげた愛国の士らが眠る韓国の国立墓地「顕忠院」に、親日派として知られる人物の墓地が複数ある問題について報じた。

記事によると、韓国の国立墓地のうち大田(テジョン)顕忠院には、日本統治時代に親日的な活動をした人物の墓が今も多数あるという。日本の憲兵として反日独立運動家らを多数検挙した金昌龍(キム・チャンリョン。1920〜56)、間島特設隊に所属しやはり独立運動勢力の討伐に当たった金錫範(キム・ソクポム。1915〜98)、日本陸軍で中佐を務めた白洪錫(ペク・ホンソク。1890〜1960)などだ。いずれも現在では韓国政府の「親日反民族行為真相究明委員会」により「反民族行為者」と規定された人物だが、戦後、政府の要職に就いたなどの理由で没後国家有功者に認められ、顕忠院に葬られている。

「親日人名辞典」を編さんした韓国の市民団体・民族問題研究所によると、ソウル・大田の顕忠院を合わせると、こうした親日派の墓は現在76。その多くはかつての韓国首脳らの墓がある「将軍墓域」と並ぶ位置にあり、墓域は一般の将校・兵士の8倍、大人の女性の背丈ほどの高さの碑を備えた立派なものだという。

この状況に、研究所メンバーらは金昌龍などの墓を他所へ移設するよう訴えるデモを毎年のように行っているが、「国立墓地法」に妨げられ移設は成っていない。埋葬後に親日行為が発覚したとしても、国が墓を強制移設する根拠にはならないのだ。方法は遺族による自発的な移設のみとの現状に、研究所は、墓の強制移設を可能とする法改正案の国会発議を近く議員に働き掛ける計画だ。

この報道に韓国のネットユーザーからは、「なんというふざけた事態だ!すぐに掘り起こせ」「これは絶対駄目でしょ」「追い出すべき。売国奴がいくら功を成したところで売国奴にすぎない」「こんな人たちを国の有功者にした人間も全員調べるべきだ」「親日行為は歴史における罪だ」など、現状を強く問題視するコメントが多数寄せられている。

また、「こういう点をみるに、韓国は実におかしな国」「この国を正すなら、こういうとんでもないことから直していかないと」「(新政権の外相に指名された)康京和(カン・ギョンファ)候補に外交部長官になってもらって、親日外交を終わりにしよう」などの声もあった。(翻訳・編集/吉金

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

日韓合意「順守されない」と考える日本人は7割に=「日本国民も信用していない合意を…」「過去を清算する努力も必要」―韓国ネット

19日、韓国・聯合ニュースは、2015年末に締結された慰安婦問題日韓合意が順守されないと考える日本国民が70%に上ることを伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は水曜集会の様子。

Record China
2017年5月20日 20時30分
続きを読む

韓国京畿道、責任の押し付け合いで元慰安婦支援計画が白紙に?=韓国ネット「道徳性を疑う」「きっと日本から謝罪を受けられずに…」

15日、韓国メディアによると、韓国京畿道の“怠慢な行政”が原因で、元慰安婦らに新たな別の悩みが生じているという。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国・釜山の慰安婦少女像。

Record China
2017年5月17日 7時10分
続きを読む

韓流スター、親日派のひ孫だった問題を再び謝罪「恥ずべき歴史」=韓国ネットは賛否「反省してくれるならいい」「芸能界で干されたから謝罪?」

8日、韓国メディアによると、今年3月に「曽祖父が親日派だった」過去が明らかになり謝罪していた韓国の俳優カン・ドンウォンがこのほど映画祭に出席、問題について公の場で改めて深い謝罪の意を表明した。資料写真。

Record China
2017年5月8日 18時50分
続きを読む

「日本を信頼できる」韓国人が減少、わずか13%に=「そんな韓国人がユニクロを着て日本旅行に」「表面上は反日だけど、本当は親日」―韓国ネット

23日、日本を「信頼できる国」と考えている韓国人が全体の13%にすぎないとの調査結果が出たとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2017年4月24日 11時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング