Record China

ヘッドライン:

「日本の謝罪なき協定は売国」ソウル市が独自の韓国現代史教材を作成=韓国ネット「必要な教材」「危うく日本みたいに歴史を歪曲するところだった」

配信日時:2017年6月7日(水) 9時10分
拡大
5日、韓国・マネートゥデイによると、ソウル市教育庁が独自に編さんした韓国現代史の教師用指導教材が、小・中・高校に配布されることが分かった。資料写真。

2017年6月5日、韓国・マネートゥデイによると、ソウル市教育庁が独自に編さんした韓国現代史の教師用指導教材が、小・中・高校に配布されることが分かった。

昨年初め、国の教育部が歴史教科書の国定化を強行したことをきっかけに作成されたという教材「今日と出会う歴史」の2次検討本は、123項目の歴史テーマで構成。年代順に歴史的な出来事が記載される一般の教科書とは異なり、歴史的な出来事が起きた1日がA4用紙1枚分の分量にまとめられている。他に「質問がある教室、議論がある歴史授業」「東アジアの平和教科書」と題する教材も制作が進められているが、現在、執筆作業がある程度完了しているのは「今日と出会う歴史」だけだ。

内容をみると、やはり「国定教科書との視点の違いが目立つ」と記事は指摘する。例示されているのが、1965年、日本の佐藤栄作政権と韓国の朴正熙(パク・チョンヒ)政権の間で結ばれた日韓基本条約に関する解説の違いだ。

国定教科書では「無償3億ドル、長期低利借款2億ドル、3億ドル以上の民間産業借款は、農林水産業の開発と浦項(ポハン)製鉄建設などに投入された」とし、韓国側が交渉で得た経済的・外交的利益が強調されていた。一方、「今日と出会う歴史」では、条約に反対する市民によって1964年6月3日ソウルで起きた大規模デモを中心にまとめられており、デモに参加した学生らによる「日本の謝罪がない韓日協定は売国であり、日本の資本で行った近代化は従属をもたらすだろう」とする主張が詳細に記載されているという。

市教育庁関係者は「『今日と出会う歴史』の内容は中学生のレベルに合わせた」とし、同教材を小・中・高校の教師すべてに配布する方針を明らかにした。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「朴正熙が大統領になったのが間違いの始まり」「朴正熙によって韓国が豊かになったのではない。彼がいなければもっとまともな民主主義国家になっていた」など、日韓基本条約を結んだ朴正熙元大統領への批判の声が多く寄せられた。

その一方で、「朴正熙の業績は業績として認めるべきだ。歴史は事実だけを知らせ、判断は個人に委ねるべき」との意見もあった。

その他、「ちゃんとした教材を準備し始めたんだね」「当然必要なもの」「異常な状態が正常化し始めた」「正義が生きている証拠」「危うく日本のように歴史を歪曲(わいきょく)する後進国になるところだった」など、ソウル市による教材作成に肯定的なコメントも多くみられた。(翻訳・編集/三田)

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

日本の強制徴用を描いた韓国映画「軍艦島」出演の韓流スターら、精神的苦痛を吐露=韓国ネット「絶対見るべき作品」「世界の人に見てほしい」

30日、韓国メディアによると、かつて日本に強制徴用された朝鮮半島出身者たちの姿を描いた韓国映画「軍艦島」の監督や主演俳優陣が、韓国での映画公開を前に同作の意義について語った。写真は端島(軍艦島)。

Record China
2017年5月31日 7時20分
続きを読む

「息が止まるほどの衝撃だった」韓国系米国人作家が慰安婦小説を書いた理由に、韓国ネット「これが文化の力」「処罰されるかも…」

26日、韓国メディアによると、1997年に米国で小説「従軍慰安婦」を発表し、その翌年に全米図書賞を受賞した韓国系米国人作家ノラ・オクジャ・ケラー氏が、日韓の慰安婦問題について語った。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

Record China
2017年5月26日 21時10分
続きを読む

日韓合意「順守されない」と考える日本人は7割に=「日本国民も信用していない合意を…」「過去を清算する努力も必要」―韓国ネット

19日、韓国・聯合ニュースは、2015年末に締結された慰安婦問題日韓合意が順守されないと考える日本国民が70%に上ることを伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は水曜集会の様子。

Record China
2017年5月20日 20時30分
続きを読む

ランキング