たびたび炎上の香港・台湾表記問題、トップ500社の8割に「問題あり」―中国紙

配信日時:2019年9月13日(金) 9時0分
たびたび炎上の香港・台湾表記問題、トップ500社の8割に「問題あり」―中国紙
画像ID  565667
中国紙・環球時報は10日、中国でたびたび問題視される企業の「香港」「台湾」表記をめぐり、「世界のトップ500社の多くに誤りが見つかった」との調査結果が出たと報じた。写真は天安門。
中国紙・環球時報は10日、中国でたびたび問題視される企業の「香港」「台湾」表記をめぐり、「世界のトップ500社の多くに誤りが見つかった」との調査結果が出たと報じた。

記事によると、グローバル企業による「一つの中国」原則の順守状況を調べたのは中国社会科学院法学研究所と北京大学インターネット発展研究センターの合同チーム。対象は2018年のトップ500社の公式ウェブサイトで、香港、マカオ、台湾に関する表記のある158社中、8割を超える127社に「誤った表記や不適切な表記」が見つかったという。

158社には中国企業8社が含まれており、うち7社が「問題あり」と判断された。海外の150社中、「問題あり」は120社。米企業について見てみると、該当表記のある44社のうち問題が見つかったのは34社で、香港を単独で扱っていた企業は27社、マカオは6社、台湾は29社だった。

中国では先月も、高級ファッションブランドのコーチ(COACH)やヴェルサーチ(VERSACE)などが香港、マカオ、台湾の扱いをめぐって批判を受ける騒ぎが起きている。

法学研究所の支振鋒(ジー・ジェンフォン)研究員は環球時報の取材に、「トップ500社に代表されるグローバル企業の『一つの中国』原則の順守状況は決して楽観的とは言えない」と指摘したという。(翻訳・編集/野谷

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひろ***** | (2019/09/13 16:47)

    国家としての全ての必要条件を兼ね備えている台湾が、 「国」ではないというのは、どう考えても無理があり過ぎる。 このコメントで、またコメント欄に入れなくなるのかな。 スマホから入れるので。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2019/09/13 09:38)

    一つの中国と云う考えは、中国だけがしているだけで、外国の多くは、殆んどは香港、マカオ、台湾はれっきとした国という認識だ。 特に台湾は、法律も軍隊も個別の物で、中国にはない選挙制度を持っている。 中国には基本が全くない。選挙、国軍、発言の自由の国としての基本がない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事