韓国ネットが感心!日本の最新の津波対策とは=「迅速な対応で日本の右に出る国はない」「韓国に設置したら数年で…」

配信日時:2017年5月30日(火) 10時10分
韓国ネットが感心!日本の最新の津波対策とは=「韓国なら数年で…」
画像ID  565065
29日、韓国メディアが「1年間に平均2000回の地震が発生する日本では『最悪の状況に備えなければならない』という認識が広がっており、コンビニに津波救命艇まで登場した」とのニュースを伝え、韓国ネットユーザーの注目を集めている。資料写真。
2017年5月29日、韓国・MBCが「1年間に平均2000回の地震が発生する日本では『最悪の状況に備えなければならない』という認識が広がっており、コンビニに“現代版のノアの方舟”と呼ばれる津波救命艇まで登場した」とのニュースを伝え、韓国ネットユーザーの注目を集めている。

静岡県沼津市内の海からわずか15メートルの距離にあるコンビニの駐車場には最近、「ノアの方舟」と呼ばれる地震・津波から身を守るための救命艇が登場した。25人が安全ベルトをして座ることができる座席は広げればベッドとしても使用でき、1週間分の非常食や薬、衛星で救助を要請できる装置も備わっている。

救命艇の設置は甚大な被害の発生が予想される南海トラフ地震への対策の一環だという。南海トラフで大きな地震が発生した場合、同地域はわずか10分で8メートル級の津波が到達すると想定されている。日本政府は約6年前の東日本大震災の時に津波によって数万人の犠牲者が発生したことをきっかけに救命艇を開発し、自治体に普及させている。救命艇はほかにも、高知県や愛知県などの海に面したコンビニを中心に設置されている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「さすが先進国だ」「日本人の危機対応能力は認める」「やっぱり日本。こういう部分は見習わないと。韓国も万が一の場合に備えて津波の可能性がある地域に設置すべき」「正しい税金の使い方」「災害状況への迅速な対応で日本の右に出る国はない」など日本の対応を称賛する声が多く寄せられている。

また、「韓国に設置したら数年でカビが生えて利用できなくなる。賄賂問題や不正問題も発生するだろう」「韓国政府は地震の対策をしているの?建物の耐震も満足にできていないのに」「金稼ぎしか眼中にない韓国企業は見習ってほしい」「韓国ではあり得ない。コンビニで販売するというニュースならあるかもしれないけど」など韓国の状況に不満や不安の声もみられた。

そのほか、「それだけ大地震の発生確率が高いということ?日本に生まれなくて良かった」と驚く声や「地震より李明博(イ・ミョンバク元大統領)・朴槿恵(パク・クネ前大統領)の方が恐ろしいかも」と指摘する声も。

さらに、「約6年前の大きな衝撃を日本人はどうやって克服してきたのだろう?」「もし日本ならセウォル号沈没事故にどう対応したかな?いや、日本は過積載などしないからそもそも事故が起きないか?」などの疑問を投げかける声もあった。(翻訳・編集/堂本
最新ニュースはこちら

SNS話題記事