Record China

ヘッドライン:

日本に長く住むと中国人はこう変わる―中国ネット

配信日時:2019年2月9日(土) 16時10分
拡大
中国の新興メディアである東京新青年は6日、「来日直後と来日3年後を比較した場合の16の変化」を紹介した。資料写真。

中国の自メディア(新興メディア)・東京新青年は2019年2月6日、「来日直後と来日3年後を比較した場合の16の変化」を紹介する記事を発表した。同記事に対して、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せた。

記事が挙げられた16の変化は次の通り。

(1)SNSへの写真投稿が減った。

(2)日本料理に目新しさを感じなくなった。むしろ中国的胃袋を持つ身として物足りなさを感じる。

(3)日本式サービスに衝撃を受けなくなった。日本式に慣れて、サービスの質がちょっとでも悪いとクレームを言いたくなる。

(4)充実した中国のショッピングサイト・淘宝(タオバオ)が死ぬほど恋しい。

(5)日本語を褒められても「建前」と感じる。日本語を笑われても開き直れる。

(6)来日直後は至れり尽くせりのトイレに感激。3年後はティッシュペーパーを持たずにトイレに入るようになり、帰国時もうっかり……。

(7)支払いで硬貨を使うのに四苦八苦していたが、きっちりの額を即座に出せるようになった。財布が硬貨でパンパンに膨らむことがなくなった。

(8)違和感があったお辞儀ができるようになった。中国の親友の前でも「ありがとう」を連発。

(9)中国で見ていた動画サイトが出国してからというもの、ほぼ閲覧できない。

(10)中国ではタクシーの助手席に乗るのが習慣だったため、日本で最初に乗った時は運転席を奪ってしまった。3年たつと日本の自動開閉ドアに慣れてしまい、中国でドアを閉め忘れるように。

(11)来日当初は日本の物価の高さにびっくり。3年たつと中国の物価を「安い」と思うようになった。

(12)道路横断時は「車優先」と思っていたが、これが「車が私に譲るはず」に変わった。

(13)ごみ捨てもきちんとした身なりで行くようにしていたが、次第に反発を覚えるように。寝間着で屋台に朝ごはんを買いに行ける中国が懐かしい。

(14)「今日は和食、明日は中華」と自炊に熱を上げたが、その熱も冷めた。「中国ならデリバリーで毎日違う物が食べられるのに」と考えてしまう。

(15)日本人の声を小さすぎると感じていたが、自分の声も小さくなった。

(16)日本人の真摯な姿勢に感動していたが、これが「反感」に変わった。3分で済みそうなスマートフォンのサービス変更も他の商品の紹介やら何やらで3時間かかった。効率が悪い。

これに対し、中国のネットユーザーからは「真実!」「3年とは言わず、1~2カ月でこうなっちゃう」「日本で初めて靴を買った時、店員さんがひざをついて靴ひもを結んでくれたから慌ててしまった」「中国に来た外国人も3年たつと同じようになるんだろうな」「日本での生活はもうすぐ9年目。帰国しても何かなじめない。むしろ今の静かな生活が好き」「1年半で中国に戻った。でもやっぱり日本で生活したいと思う」などの声が寄せられた。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国SNS「日本でしたいこと」ランキング=「買い物したい」に微妙な変化、「お城に住みたい」も登場

トレンドEXPRESSは中国のSNS投稿から分析した「日本でしたいこと」のランキングを発表した。「買い物したい」が第1位であることは従来通りだが、変化も見られる。「城に住みたい」もランクインした。写真は福島県会津若松市にある若松城(鶴ヶ城)。

Record China
2019年2月6日 0時0分
続きを読む

ランキング