Record China

ヘッドライン:

巨匠・宮崎駿監督が「引退撤回」、「やっとこの日が!」中国では歓迎ムード一色―中国

配信日時:2017年5月20日(土) 12時40分
拡大
19日、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督の「引退撤回」が明らかになったことで、中国のネットユーザーからの反応は「歓迎」の声が大半を占めている。写真は宮崎駿監督。
(1/2枚)

2017年5月19日、アニメ界の巨匠・宮崎駿監督の「引退撤回」が明らかになったことで、中国のネットユーザーからの反応は「歓迎」の声が大半を占めている。鳳凰網が伝えた。

その他の写真

スタジオジブリは19日、宮崎駿監督が新しい長編アニメーション映画を制作すると発表。これにより監督の「引退撤回」が明らかになり、ホームページでは「年齢的には今度こそ本当に最後の監督作品になる」と公表されている。監督は13年、「風立ちぬ」を最後に長編作品からの引退を明らかにしていたが、昨年11月に放送されたNHKの番組で長編アニメ映画の構想があることを明かしていた。

中国でも数多くの人々に支持されているジブリ作品だけに、この知らせについてネットユーザーが見せる反応は「歓迎」ムード一色。「やっとこの日が来た!」「愛すべきおじいちゃん。ヒマを持て余したんじゃないの?(笑)」「何度でも引退撤回してくれ」「今のアニメは音も画面も騒がしいだけ。ジブリ作品は新しい世界を見せてくれる」「中国で最も愛される日本人は“福原愛”かもしれない。でも“宮崎駿”が一番だと言う人も多い。もちろん私もその1人」などのコメントが並び、やゆや中傷的な言葉はほとんど見られない。(翻訳・編集/Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国で日本アニメが続々公開、「君の名は。」のヒットで注目度アップ=韓国ネット「日本のアニメにハズレはない」「プライドはないの?」

8日、韓国メディアによると、今年初めに映画「君の名は。」が大ヒットを記録して以降、韓国内の市場では日本アニメに対する関心が高まっている。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウル。

Record China
2017年5月11日 18時10分
続きを読む

「宮崎駿の作品がずっと大好き」「子どもはほとんど見た、私も見てみたい」=西寧市で開催された「天空の城コンサート」が盛況―中国

12日夜、「天空の城ラピュタ」「千と千尋の神隠し」「となりのトトロ」など、スクリーンに映し出される宮崎駿の代表作のワンシーンを見ながら、久石譲が手掛けたサウンドトラックを聴く「天空の城-視聴交響コンサート」が青海省西寧市で開催された。

人民網日本語版
2017年4月14日 0時20分
続きを読む

ランキング